このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14777
Eprint ID
14777
FullText URL
Author
西村 伸子
寺崎 佳代
山本 貞枝
吉尾 慶子
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
呼吸器疾患の温泉療法について,1999年~2001年の3年間に三朝医療センターに入院し,温泉療法を受けた気管支喘息と肺気腫症例を対象に,再入院率と症例数の変動,年齢,地域との関連について検討を加えた。その結果,喘息では遠隔地(鳥取県外)からの症例(平均56.8%)が.また肺気腫では鳥取県内からの入院症例(平均58.7%)が多い傾向が見られた。再入院率は,喘息は30.1%,肺気腫が41.6%であり.喘息では遠隔地からの,また肺気腫では県内からの症例が増加する傾向であった。再入院率の年齢別検討では,喘息では50歳以上,肺気腫では70歳以上の症例で再入院率が高い傾向であった。平均入院期間は40日から60日間であり,初回入院より再入院症例の方が短期間であり,初回入院では喘息よりも肺気腫でより長い傾向であった。
Note
報告
Published Date
2003-02-01
Publication Title
岡大三朝医療センター研究報告
Publication Title Alternative
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Volume
volume73
Publisher
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
Publisher Alternative
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Start Page
102
End Page
105
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
mmc