このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 336
Eprint ID
336
FullText URL
Title Alternative
Studies on the Chemical Composition and Quality of Silage : (X) The Relation Between the Quality and Digestibility of Silage
Author
Uchida, Senji
Suto, Hiroshi
Abstract
サイレージの発酵的品質と消化率との関係を知る目的で,同一材料から品質の異なる5区のサイレージを調製し,それについて,in vivo および in vitro 消化試験を実施し,品質と消化率との関係を調査した. 実験結果の要約は次のようである. 1)でき上がりサイレージのFLIEG法による評点は,それぞれ100点(優),89点(優),51点(可),42点(可)および18点(下)であった. 2)サイレージの評点と,乾物,有機物,粗タンパク質,粗繊維および純タンパク質の消化率との間に,統計的な有意なプラスの相関が認められた. 3)サイレージの評点と乾物中のTDNとの間に,プラスの相関(r-0.992,p<0.01)が認められた. 4)各埋蔵材料のin vitro DMDと,でき上がりサイレージのin vitro DMDとの間に,有意な相関は認められなかった. サイレージのin vitro DMDとin vivo DMDの値は,劣質サイレージを除きよく一致し,両法で得たDMD間に有意なプラスの相関が認められた. 本実験の結果は,前報までの結果と同様,サイレージ醗酵の良否が,それの飼料価値を左右する因子の一つであることを示唆している。
Published Date
1973
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume42
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
33
End Page
38
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
OAI-PMH Set
岡山大学
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa