このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 384
Eprint ID
384
FullText URL
Author
三宅 靖人
平岡 忠
多田 正人
小林 末子
Abstract
塩害地でイネ、タマネギを栽培する場合、育苗中の土壌塩分が其の後の生育収量に及ぼす影響について試験を行いつぎに要約する結果を得た。1) イネにおいては育苗中の土壌塩分は其後の生育収量に影響を及ぼさなかった。2) タマネギの場合における塩分地育苗の効果は明らかであった。しかし太苗を使用した場合は抽苔が多く認められたので育苗中の管理に十分な配慮をする必要性が認められた。
Published Date
1978-12
Publication Title
岡山大学農学部農場報告
Publication Title Alternative
Bulletin of the Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
Volume
volume1
Publisher
岡山大学農学部附属農場
Publisher Alternative
Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
10
End Page
11
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bfsc