このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 8878
Eprint ID
8878
FullText URL
Author
Abstract
18世紀末からはじまり最終的に第一次英緬戦争(1824-1826)に帰結するイギリス=ビルマ間の対立を分析することによって、当時のイギリスがビルマを政治的、経済的にどのように見ていたのか、ベンガル湾、インド洋全体の中で、大陸部東南アジアをどのように位置づけていたのかを考察することとしたい。
Published Date
2003
Publication Title
文化共生学研究
Publication Title Alternative
Studies in cultural symbiotics
Volume
volume1
Issue
issue1
Publisher
岡山大学大学院文化科学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
Start Page
153
End Page
168
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
scs