Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

内科疾患例に使用した人工炭酸浴剤浴の効果

Usui, Yasuko
Komoto, Junko
Sunakawa, Mitsuru
Kohmoto, Tomoji
Komoto, Yoshiaki
Abstract
パブ浴(人工炭酸浴剤浴)は,組織に酸素を供給し,また組織循環の改善により組織に賦活力を与え,さらに末梢毛細血管の拡張作用を有する。外来患者を対象に,末梢循環障害5例,高血圧症2例,不定愁訴症例2例を選び,半年より1年にわたって家庭でパブ浴を連浴させた。全例に,併用薬の減量,あるいは中止をみた。とくに蛋白尿を伴った高血圧症例では,血圧の正常化に伴って蛋白尿の減少をみた。炭酸泉の効果は連浴によっても変化を認めず,人工炭酸泉浴は家庭においても療養泉としての効果がえられ,疾病の自然予後に有為に作用する。
Keywords
人工炭酸泉浴 (Artificial CO(2) bath)
連浴 (serial bathing)
末梢循環障害 (peripheral circulation insufficiency)
高血圧症 (hypertension)
不定愁訴 (general malaise)
ISSN
09133771
NCID
AN10084718