Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

Tranilast(Rizaben®)の抗アレルギー作用について

Tanizaki, Yoshiro
Komagoe, Haruki
Sudo, Michiyasu
Morinaga, Hiroshi
Ohtani, Jun
Kimura, Ikuro
Abstract
抗アレルギー剤(脱顆粒抑制剤)の1つであるtranilastの肥満細胞の遊離機序に対する抑制作用について検討を加えた。1.抗原刺激時の肥満細胞の(45)Ca uptakeおよびヒスタミン遊離に対して,tranilastは有意の抑制作用を示したが,comp.48/80刺激時にはtranilastの(45)Ca uptake,ヒスタミン遊離に対する抑制作用はほとんどみられなかった。2.phosphatidylserine添加時には,(45)Ca uptakeに対するtranilastの抑制作用は減弱傾向を示し,この傾向はヒスタミン遊離に対する作用に比べより高度であった。3.抗原および抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離に対して,tranilastは明らかな抑制作用を示さなかった。
Keywords
トラニラスト (tranilast)
(45)Ca取り込み ((45)Ca uptake)
ヒスタミン遊離 (histamine release)
肥満細胞 (mast cell)
好塩基球 (basophils)
ISSN
09133771
NCID
AN10084718