Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

膵外分泌機能におよぼす飲泉の効果

Matsumoto, Shuji
Harada, Hideo
Ochi, Koji
Takeda, Masahiko
Tanaka, Juntaro
Senou, Toshinobu
Irie, Seiji
Ishibashi, Tadaaki
Kimura, Ikuro
Abstract
膵外分泌機能におよぼす飲泉(三朝温泉水)の効果を飲泉群および非飲泉群を対象として検討した。膵外分泌機能検査法としては,糞便中キモトリプシン活性比色測定法(モノテストカイモトリプシン)を用いた。その結果,糞便中キモトリプシン活性は,飲泉開始2週後に40 % の患者で上昇し,4週後は2週後と変わらなかった。以上より,2週間の飲泉は膵外分泌機能を改善させる効果があることがわかった。
Keywords
糞便中キモトリプシン活性 (Fecal chymotrypsin activity)
飲泉療法 (Spa-drink therapy)
膵外分泌機能 (Pancreatic exocrine function)
膵 (Pancreas)
酵素 (Enzyme)
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718