Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

ステロイド依存性重症難治性喘息の臨床的検討 -免疫アレルギー学的検討-

Kitani, Hikaru
Araki, Hiroyuki
Sudo, Michiyasu
Tanizaki, Yoshiro
Tsuji, Mituaki
Kimura, Ikuro
Abstract
ステロイド依存性重症難治性喘息56例について免疫アレルギー学的検討を行った。その結果41才以降発症のLate Onset Asthmaが約半数を占め,血清IgE値が比較的低値であり,ハウスダストに対しての皮内反応,特異的IgE抗体価,ヒスタミン遊離はいずれも全般的に低く,カンジダに対しての皮内反応,特異的IgG抗体価はむしろ比較的高く,肺機能では末梢気道閉塞の傾向が窺われ,臨床分類では,気管支攣縮+過分泌型,および細気管支閉塞型が多数を占める等の特徴を有することが明らかにされた。
Keywords
ステロイド依存性喘息 (Steroid-dependent asthma)
血清IgE (Serum-IgE)
特異的IgE (Specific lgE)
特異的IgG (Specific IgG)
中高年発症型喘息 (Late onset asthma)
ISSN
09133771
NCID
AN10084718