Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

典型的な臨床症状を呈さない肺結核症に対する気管支肺胞洗浄法(BAL)の診断学的意義

Mifune, Takashi
Kawauchi, Kazuhisa
Kitani, Hikaru
Sudo, Michiyasu
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
高齢者の増加やいわゆるcompromised hostの増加により,肺結核症の臨床像が変化してきている。肺結核に典型的な臨床像を呈さず,頻回の喀疾検査にても抗酸菌を証明できなかった6症例に対し,気管支肺胞洗浄(bronchoalveolar lavage:BAL)を施行し,得られた洗浄液・吸引液の塗抹標本から抗酸菌を証明し,気管支粘膜の変化を認めた。以上の結果より,気管支型の結核症が増加してきている可能性が考えられた。気管支肺胞洗浄は,気管支型の結核症を含め,結核症の診断に有効と考えられた。
Keywords
肺結核 (Pulmonary tuberculosis)
気管支型結核症 (Tuberculosis of mucous membrane)
気管支肺胞洗浄法 (Bronchoalveolar lavage)
抗酸菌 (Acid fast bacilli)
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718