Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

JUN遺伝子の生化学的、生物学的活性についての考察

Mitsunobu, Fumihiro Kaken ID publons researchmap
Kitani, Hikaru
Okazaki, Morihiro
Mifune, Takashi
Asaumi, Noboru
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
c-junはニワトリの癌ウイルスから分離された癌遺伝子(v-jun)のproto-oncogeneであり,その遺伝子産物は細胞内転写促進因子AP-1の主成分である。v-jun,c-junのトランスフォーム能を検討するために,我々はv-jun,ニワトリc-jun遺伝子さらにJUN遺伝子の種々の組換え体を複製能を持つレトロウイルスベクター(RCAS)に挿入し,CEF細胞(ニワトリ胎児線維芽細胞)にトランスフェクションした。その結果4か所存在する両者の構造的相違のうち,アミノ末端近くの27アミノ酸の欠損と3' untranslated regionの欠損が十分なトランスフォーム能と転写促進能発現に必須であることが明らかとなった。これらの部分がどのように機能発現に関与しているかは,これからの研究を待たねばならない。
Keywords
癌遺伝子 (Oncogene)
JUN遺伝子 (JUN gene)
レトロウイルスベクター (Retrovirus Vector)
トランスフェクション (Transfection)
トランスフォーム (Transform)
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
NAID