Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

当院における大腸ポリープの臨床的検討

Takata, Ichiro
Kitani, Hikaru
Mifune, Takashi
Kajimoto, Kazuhiro
Matsumura, Tadashi
Yokota, Satoshi
Tanizaki, Yoshiro
Ochi, Koji
Harada, Hideo
Akiyama, Tsuneo
Nakai, Mutsuo
Abstract
1990年4月より1994年3月末までの間に岡山大学医学部附属病院三朝分院で経験した早期大腸癌を含む大腸ポリープ88例を対象に,病理組織診断,性別,年齢構成,存在部位,精査動機について検討を行い,以下の成績を得た。(1)ポリープの69.2%は腺腫,13.2%は腺癌(早期癌)であった。(2)男女とも加齢による大腸ポリープ及び大腸癌の頻度の増加がみられた。(3)50歳未満の若年者では右側結腸にポリープが発見されることは稀であったが50歳以上では6.5%に認められ,高齢者における積極的なtotal colonoscopyによる観葉が重要であることが再確認された。(4)精査動機では便潜血陽性が最多を占め,便潜血は大腸ポリープのスクリーニングにおいて有用であることが示された。またフォローアップ目的に大腸ファイバーを施行しポリープや早期癌を発見した例も多く,フォローアップの必要性が示唆された。
Keywords
大腸ポリープ (Polyp of the colon)
大腸早期癌 (Early cancer of the colon)
便潜血 (Occult blood in stool)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852