Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

100万画素CCDカメラを搭載したⅠ.Ⅰ.-DRシステムによる小照射野Ⅹ線骨盤計測法 ―Guthmann法への適用に関する検討―

Nakai, Mutsuo
Akiyama, Tsuneo
Nakagiri, Yoshiyasu
Kobayashi, Yasuaki
Abstract
100万画素CCDカメラを用いたI.I.-DR装置(CC・DRシステム)をX線骨盤計測に適用するため,被曝線量をはじめとするいくつかの点を検討した。照射野内の被曝線量は従来の高感度Screen-Film システムであるG12/HRSと同等以下に抑えることが可能であった。また,CC・DRシステムの9インチ円形照射野は一般的に用いられている大角フィルム面積の1/3であり,胎位の95%を占めるといわれている頭位の撮影においては胎児の生殖腺はもちろん, 赤色骨髄を多く含む脊椎への被曝を大幅に低減できた。また,新たに開発された距離計測ソフトウェアーの正確度は良好で,通常lmm以下の誤差で測定が可能であることを確認した。その他,装置に標準装備されている自動露出機構の特性についても報告し,最後に撮影時の留意点についても検討した。
Keywords
骨盤計測 (Pelvimetry)
グースマン法 (Guthmann Position)
デジタルラジオグラフィー (digital radiography)
被曝線量 (exposure dose)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852