Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

気管支喘息に対する食事療法。N-3系脂肪酸(エゴマ油)によるロイコトリエン産生抑制

Ashida, Kozo Kaken ID researchmap
Mitsunobu, Fumihiro Kaken ID publons researchmap
Mifune, Takashi
Hosaki, Yasuhiro
Tsugeno, Hirofumi
Okamoto, Makoto
Iwagaki, Naofumi
Tanizaki, Yoshiro
Tsuji, Takao
Yamamoto, Junko
Okita, Misako
Abstract
N-3系脂肪酸の気管支喘息に対する有用性が示唆されているが,その評価は定まっていない。今回,5人の気管支喘息患者に対しN-3系脂肪酸であるαリノレン酸を豊富に含有するエゴマ油を用いた食事療法を行い,臨床症状,ピークフロー値,末梢白血球からのロイコトリエン産生能,血漿リン脂質中の脂肪酸組成につき検討を行った。2週間の食事療法の前後でピークフロー値は有意な改善を示し(p<0.05),カルシウムイオノファー刺激によるロイコトリエン(LT)産生能は治療前後でLTB4が77.6ng/5×106cellsから41.6ng/5×10(6)cells(p<0.05)に,LTC4は64.0ng/5×10(6)cellsから38・8ng/5×10(6)cells(p<0.05)とともに有意な改善を認めた。また血漿リン脂質中のN-3系脂肪酸(αリノレン酸,エイコサペンタエン酸,ドコサヘキサエン酸)も有意な上昇を認めた。以上よりN-3系脂肪酸(エゴマ油)を用いた食事療法の有用性が示唆された。
Keywords
シソ油 (perilla seed oil)
気管支喘息 (bronchial asthma)
ロイコトリエンB4 (LTB4)
ロイコトリエンC4 (LTC4)
脂肪酸 (fatty acids)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
NAID