Studies in Cultural Symbiotics
Published by Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University

文化相対主義の困難と「文化の共生」の可能性

Abstract
文化人類学の立場から「文化の共生」という問題を考えようとするとき、どうしても避けて通れない話題として、「文化相対主義」という考え方に関わる近年の議論がある。それによれば、20世紀の人類学のバックボーンであると考えられてきた「文化相対主義」が、認識というレベルにおいても実践のレベルにおいても、きわめて重大な欠陥を孕むものであり、それを深刻に受け止めざるを得ない状況が出現しているというのである。
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
NAID