Studies in Cultural Symbiotics
Published by Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University

18-19世紀イギリスにとってのビルマ

Abstract
18世紀末からはじまり最終的に第一次英緬戦争(1824-1826)に帰結するイギリス=ビルマ間の対立を分析することによって、当時のイギリスがビルマを政治的、経済的にどのように見ていたのか、ベンガル湾、インド洋全体の中で、大陸部東南アジアをどのように位置づけていたのかを考察することとしたい。
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
NAID