JaLCDOI 10.18926/55714
Title Alternative Past and Current Status of the EPOK Inbound Program: Development of EPOK Curriculum
FullText URL biess_2_035_044.pdf
Author Obayashi, Junko|
Abstract  協定校との交換留学プログラムEPOKの過去19年にわたる受入状況は、とりわけ平成26年度以降、協定校数の増加と呼応して受入人数において増進している。受入学生の8割は平均して英語圏の出身者であるものの、出身国は多様化する傾向にある。EPOKではこうした受入学生のニーズや変遷に応じて英語による科目の編成に取り組んできた。特に平成28年には、EPOKコースの修了カリキュラムを設定し、以後カリキュラムの改善にも取り組んでいる。EPOKの教育科目の更なる体系化は今後の課題である。
Keywords EPOK 交換留学生 受入学生数 受入カリキュラム 教養教育科目
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 35
End Page 44
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher