このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 421
Eprint ID
421
FullText URL
Title Alternative
Genetic Variation of Survival Time of Japanese Quail under High and Low Ambient Temperatures
Author
Saegusa, Tadashi
Kawamoto, Yasuo
Ino, Takayoshi
Abstract
本研究は日本ウズラの耐温性に関する選抜育種並びに選抜育種の場の設定について検討しその具体的資料を得る目的で行なった. すなわち,日本ウズラを用いて,2,3,4,5,6週令ヒナの42,45,48℃および3,0,-3,-5℃条件下での生存時問の調査と体温を調査した. また,4,2週令ヒナをそれぞれ45,-5℃の温度条件下に曝らした時の生存時問に関する遺伝率の推定,並びに,体重との遺伝相関を推定し検討した. 得られた結果は以下の通りである. 1)ヒナはどの週令においても高温条件では温度が上昇するにつれて,また,低温条件では温度が低くなるにつれて生存時間は短くなる傾向を示した. 2)平均生存時間で週令間には,どの温度条件でもすべての問に1%レベルで有意差が認められ,どの温度条件でも4週令ヒナが最も生存時間が長かった. 3)致死体温は高温条件では46.6℃,低温条件では19.0℃であった. 4)生存時間と体重との関係は,高温度区では相関関係はほとんどなく,低温度区では非常に高い相関関係が有り,1%レベルで有意な回帰が認められた. 5)高温度条件45℃に4週令ヒナを曝らした生存時間についての遺伝率の推定値は,h2S=0.415,h2b=0.350,h2S+D=0.382であった. 6)低温度条件-5℃に2週令ヒナを曝らした生存時間についての遺伝率の推定値は,h2S=0.868,h2b=0.400,h2S+D=0.634であった. 7)遺伝率の推定値から,高,低温度条件とも,選抜方法は,家系内個体選抜が有効と考えられた。
Published Date
1976
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume48
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
39
End Page
47
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa