このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 322
Eprint ID
322
FullText URL
Title Alternative
Effect of Diethylstilbestrol-Testosterone Combination on Fattening Steer of the Japanese Black Breed and Estrogen Level in the Blood Serum
Author
Wada, Hiroshi
Yuhara, Masataka
Kataoka, Akira
Sada, Shoji
Inokake, Takeshi
Ogura, Yoshio
Abstract
和牛の肥育に対するdiethylstilbestrol(DES)とtestosteroneの組合せの結果を研究した. このホルモンの組合せとしてRapigainを用いた,Rapigainは1ドーズ中にDES 24mgおよびtestostererone120mgを含むところの肥育剤である. 3頭の牛にRapigain 1ドーズずつを70日間隔で3回耳根部皮下に注入し,最後の注入後70日でと殺した. 別の3頭を対照区とした. Rapigainを注射した区の牛の増体は210日にわたる肥育期間中,対照医の牛のそれよりも優れていた. 1回の注射の効果は初めの20日間が最大で,その後は漸減し,40日過ぎまで続いた. 尾根部の挙上や乳頭の肥大などの副作用は起らなかった. 卵剔マウスの膣内注入による膣垢反応によりRapigain処理50~70日後の牛の血清中のestrogenの検定を行なったがestrogenの残留は検知されなかった。
Published Date
1973
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume41
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
33
End Page
38
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa