このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11333
Eprint ID
11333
FullText URL
Title Alternative
オオムギのアブラムシ抵抗性とグラミン:EDTA法による解析
Author
Tsumuki, Hisaaki
Kawada, Kazuo
Kanehisa, Katsuo
Abstract
Young leaves of barley contain a large amount of gramine, which is one of the factors involved in the resistance of barley against aphids. Using stylectomy by laser beam and EDTA-exudate method, we tried to determine if gramine exists in phloem sap which aphids ingest mainly. Phloem sap was not obtained by laser stylectomy using aphids feeding on young leaves. Components of exudates from cut leaves of barley in EDTA solution are known to be very similar to phloem sap. The time course of sucrose and gramine content of EDTA exudates from barley leaves suggested the existence of gramine in phloem sap.
Abstract Alternative
オオムギのアブラムシ抵抗性要因物質の一つ、グラミンは幼苗に多量に存在している。アブラムシ口針切断法とEDTA法を用いて、アブラムシが吸汁するオオムギの師管液にグラミンが存在しているかどうか検討した。幼苗に寄生しているアブラムシの口針をレーザ光線を用いて切断したが、師管液は得られなかった。オオムギ葉を切断しEDTA溶液に浸し、切り口から液中に浸潤してくる成分は師管液に非常に類似したものといわれている。このEDTA法により得られた浸潤液のグラミンと糖の含量を時間を追って測定したところ、グラミンが師管液中に存在する可能性を示唆する結果を得た。
Keywords
Barley
Resistance to aphids
Gramine
EDTA
Localization
Published Date
1996
Publication Title
岡山大学資源生物科学研究所報告
Publication Title Alternative
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
Volume
volume4
Issue
issue1
Publisher
岡山大学資源生物科学研究所
Publisher Alternative
Research Institute for Bioresources, Okayama University
Start Page
73
End Page
78
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
英語
File Version
publisher
Refereed
False