このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13390
Eprint ID
13390
FullText URL
Thumnail 118_225.pdf 3.48 MB
Author
Abstract
種々の機序により産生された活性窒素種 (reactive nitrogen species) によるチロシン残基のニトロ化による3-ニトロチロシン (3-NT) の生成は, 蛋白質の翻訳後修飾の一つとして広く認められている.種々の炎症性疾患組織では, 一酸化窒素・二酸化窒素・ペルオキシナイトライトといった活性窒素種が異なる機序で産生され, 3-NTの産生に関与している. チロシンニトロ化蛋白質の同定や, 蛋白質分子中のチロシンニトロ化部位が決定できるようになり, 蛋白質の寿命, 蛋白質問相互作用に対する悪影響, 蛋白質機能喪失との関連づけが可能になってきた. 測定法としては, 免疫組織化学的手法, ウェスタンブロッティングによる半定量法から, ELISA, HPLC-ECD, LC-MS/MS, GC-MS/MSを用いた定量的な方法がある. 本総説では, 3-NTについて, その生成機序, 測定方法, 予防医学的応用を述べる.
Keywords
3ンニトロチロシン
活性窒素種
翻訳後修飾
Note
総説
Published Date
2007-01-04
Publication Title
岡山医学会雑誌
Publication Title Alternative
Journal of Okayama Medical Association
Volume
volume118
Issue
issue3
Publisher
岡山医学会
Publisher Alternative
Okayama Medical Association
Start Page
225
End Page
234
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
Content Type
Journal Article
Official Url
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/118/3/118_3_225/_article/-char/ja/
Related Url
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
language
日本語
Copyright Holders
Copyright© 岡山医学会
File Version
publisher
Refereed
True
Eprints Journal Name
joma