このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56209
FullText URL
Thumnail ormj_28.pdf 310 KB
Author
秋定 直樹
石原 久司
藤澤 郁
竹内 彩子
赤木 成子
Abstract
当院における耳鼻咽喉科の救急診療の実態について検討した。対象は2016年度に当院救急外来を夜間・休日に受診し、耳鼻咽喉科医の診察を受けた144例である。平均年齢44.6歳(1~94歳)、男性93例、女性51例であった。曜日別検討では、最多は土曜日の43例、次に日曜日の28例であった。平日は15例前後で大きな差は認めなかった。時間帯別検討では、休日日勤帯38例(入院19例、救急搬送6例)、準夜帯88例(入院48例、救急搬送19例)、深夜帯18例(入院13例、救急搬送12例)であった。疾患別検討では、上気道急性炎症が39例(扁桃周囲膿瘍および周囲炎14例、急性扁桃炎10例、急性喉頭蓋炎9例)であり、続いて異物30例、外傷22例、鼻出血17例の順であった。救急搬送された症例は144例中37例(外傷10例、上気道急性炎症6例、鼻出血7例)であった。当院をとりまく医療環境は変化しており、地域の実情に対応した耳鼻咽喉科救急医療体制が必要と思われた。
Published Date
2017-11
Publication Title
岡山赤十字病院医学雑誌
Volume
volume28
Publisher
岡山赤十字病院医学雑誌編集委員会
Start Page
34
End Page
38
ISSN
09158073
NCID
AN1038143X
Content Type
Journal Article
language
日本語
OAI-PMH Set
岡山大学
File Version
author