このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11334
Eprint ID
11334
FullText URL
Title Alternative
オオムギの組換え型自殖系統、同質遺伝子系統、および倍加半数体系統を用いた発芽時における耐塩性の遺伝解析
Author
Mano, Yoshiro
Takeda, Kazuyoshi
Abstract
To determine the relationship between morphological markers and salt tolerance at germination in barley (Hordeum vulgare L.), a total of 125 recombinant inbred (RI) lines of Russia 6×HES 4, a seriesof 70 isogenic (IG) lines for V/ν gene derived from Russia 6×HES 4, and 145 doubled haploid (DH) lines of Leger×CI 9831 were evaluated for their salt tolerance at germination. Comparison between each set of character pairs revealed that the six-rowed type was significantly more tolerant than the two-rowed type in the RI and IG lines of Russia 6×HES 4, annd the two-rowed type and the short haired rachilla type were significantly more tolerant than the six-rowed type and the long haired rachilla type in the DH lines of Leger×CI 9831. On the other hand, no significant difference was observed in salt tolerance such as the smoothness of awn, ear density, and lemma color, r (awn type), l (ear density), and Re-2 (lemma color) genes inherited independent of gene(s) for salt tolerance at germination.
Abstract Alternative
オオムギの発芽時みおける耐塩性と形態マーカーとの連鎖関係を調べるために、Russia 6×HES 4の交雑から養成した組換え型自殖系統125系統と同質遺伝子系統70系統、およびLeger×CI 9831の交雑から養成した倍加半数体145系統の種子を1.5%の塩化ナトリウム溶液を用いて20℃、12時間日長の条件で発芽させ、置床後10日後に調査してシュートを25mm以上抽出した種子の置床種子に対する割合をもって発芽時の耐塩性とした。各種主働遺伝子が発芽時の耐塩性に及ぼす影響を解析するために、組換え型自殖系統、同質遺伝子系統、および倍加半数体系統を親品種間の間で異なる形質によって群別し、発芽時の耐塩性を比較した。その結果、Russia 6×HES 4の組換え型自殖系統、および同質遺伝子系統においては六条型は二条型よりも耐塩性が有意に強く、また、Leger×CI 9831の倍加半数体系統においては二条型は六条型よりも、底刺の短毛は長毛よりもそれぞれ耐塩性が有意に強く、条性間の耐塩性の強弱は交雑組合せによって逆転した。一方、芒の粗滑、穂密度、および頴色の比較においては有意差が認められなかった。以上の結果から、条性を支配するν遺伝子、および底刺のタイプを支配するs遺伝子と発芽時の耐塩性を支配する遺伝子との関連性が推察された。また、芒の粗滑を支配するr遺伝子、穂密度を支配するl遺伝子、および頴色を支配するRe-2遺伝子と発芽時の耐塩性は独立であると考えられた。
Keywords
Doubled haploid lines
Hordeum vulgare
Isogenic lines
Recombinant inbred lines
Salt tolerancce
Published Date
1996
Publication Title
岡山大学資源生物科学研究所報告
Publication Title Alternative
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
Volume
volume4
Issue
issue1
Publisher
岡山大学資源生物科学研究所
Publisher Alternative
Research Institute for Bioresources, Okayama University
Start Page
79
End Page
88
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
英語
File Version
publisher
Refereed
False