このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11123
Eprint ID
11123
FullText URL
Title Alternative
ケニヤ産植物、Psiadia punctulata に含まれる植物生長調節物質
Author
Keriko, Joseph Mungai
Baba, Naomichi
Isozaki, Yumika
Iwasa, Junkichi
Abstract
Compounds having plant growth regulatory effect were found in Kenyan Psiadia punctulata, and two flavones,5-hydroxy-7,2',3',4',5'-pentamethoxyflavone(1) and 5,3'-dihydroxy-7,2',4',5'-tetramethoxyflavone(2) were isolated and identified as the activ constituents.
Abstract Alternative
植物の生長を制御する物質を広く天然に求めることは、より安全で有効な農薬およびその関連物質を開発するための重要な課題である。本研究では、レタス幼苗の生長に対する調節物質の探索をケニヤ産植物Psiadia punctulata について行った。その結果、同植物のメタノール抽出物より、5-hydroxy-7,2',3',4',5'-pentamethoxyflavone 及び 5,3'-dihydroxy-7,2',4',5'-tetramethoxyflavone を調整物質として単離した。前者は、根や胚軸の長さを130%まで増加させたが、全体の重量はほぼ80%にまで減少させた。一方、後者も同様の活性パターンを示し、根を140%伸張させ植物体重量を58%まで減少させるという興味ある現象が観察された。 
Keywords
Kenyan plant
Psiadia punctulata(Asteraceae)
flavonoids
growth regulator
lettuce seeds
Published Date
1995-02-01
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
Volume
volume84
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture,Okayama University
Start Page
7
End Page
11
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
英語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa