このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 246
Eprint ID
246
FullText URL
Title Alternative
Studies of Enlargement of Farm Management in the Steep Slope Region of Mountainous Area : II. A Plan for Farm Management in the Steep Slope by Linner Programming Method
Author
Wada, Hiroshi
Yuhara, Masataka
Sakai, Masaru
Takumi, Hiroshi
Yamauchi, Tadashi
Emoto, Hiromasa
Abstract
急傾斜地の農業経営の安定をはかり,農家の所得を増すために,徳島県美馬郡脇町暮畑部落について,2ヵ年間の農業経営の実態調査に基き,線型計画法によって将来の営農設計を行なった. この地区に適し,現在の基幹作目となっている稲作,煙草,乳牛について単体表を作成し,電子計算機を用いて計算した. この結果,他の作目は土地,労働力,その他の制約が大きいので利益を増すには,酪農の規模を拡大することがもっとも有利であることが示された. 高度の飼養,管理技術を前提とするならば,酪農の規模は粗飼料の給与率を低くする程,その拡大が可能であり,利益の増加をもたらすことが示された。
Published Date
1969
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume33
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
31
End Page
41
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa