このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 192
Eprint ID
192
FullText URL
Title Alternative
Consideration of the Fluctuation of Experimental Population-Density of Azuki-Bean Weevils under Insecticidal Treatment
Author
Kiyoku, Masao
Abstract
この報文はアズキゾウムシの実験個体群を殺虫剤(マラソン・DDT)で毎代処理すると生き残った子孫の個体群が,高い発生の山を示す原因を検討したものである.殺虫剤処理をしなかった対照区の発生消長と比較するばかりでなく,殺虫剤処理後に生き残る成虫数と大体同数の生残虫が得られるようにすべての発生成虫から任意に成虫を取り除いた個体群の発生消長をも比較検討した.その結果対照区と取り除き実験区の発生消長は成虫の棲息密度の変動に起因して生ずる,そして両者の間には本質的な大きい相違が認められなかった.これに対し殺虫剤処理区は殺虫剤の選抜作用によって何代かの後に対照区や取り除き実験区より高い産卵率と高い生育率を有する個体群に移行する結果そのような新個体群の発生の山が一般に高くなった.このような個体群そのものの質的転移が殺虫剤処理区の発生の山が高くなった主な原因である。
Published Date
1965
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume26
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
1
End Page
8
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa