このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 199
Eprint ID
199
FullText URL
Title Alternative
Self-Regulation in the Experimental population of Azuki-Bean Weevil, Callosobruchus chinensis.
Author
Kiyoku, Masao
Abstract
この実験は初めいろいろの成虫密度を示すアズキゾウムシ個体群の増殖過程をしらべ,個体群の増殖に伴なう環境抵抗のDensity dependentの過程とSelf-regulationの作用を検討したものである.1)この実験における成虫密度が700~1,800の密度範囲では完全なSelf-regulationの現象が認められその結果個体群の密度はその水準が1,300±200のEquilibrium positionが保たれる.そこでこのSelf-regulationをComplete Self-Regulationと呼んだ.2)成虫密度が300~700の範囲では環境抵抗と増殖のつり合い関係が(1)項とは異ったものとなる.その結果発生する密度水準は上記のEquilibriumの上限を突破し個体群密度はFluctuationを示すことになる.そこでこのような低密度の下に生ずるSelf-regulationをIncomplete Self-Regulationと呼び前者と区別した.3)成虫密度が300以下の範囲は成虫密度の減少で密度圧(環境抵抗)が小さいが,その割に生育率や産卵率のような昆虫の増殖能力を示す指標が高くはない.その結果次代の成虫密度が高くならない.ゆえに,明瞭なSelf-regulationを認めることができない。
Published Date
1966
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume27
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
9
End Page
15
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa