このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 258
Eprint ID
258
FullText URL
Title Alternative
Physiological Injury Caused by Pentachlorobenzylalcohol on Vegetables : I. Presumption of the Cause through the Practical Research of Farms
Author
Masuda, Tadao
Kinoshita, Keisuke
Abstract
1.本調査は昭和43年,全国的に発生した蔬菜の萎縮性生理障害の原因を知るために岡山,鳥取両県下の障害発生農家について調査した. 2.本症状の原因はウイルスまたは2,4-Dの誤用によるものではない. 3.本症状を発生した蔬菜には昭和41,42年産の稲藁が使用され,この稲藁にはPCBA剤が使用されていた. 4.本症状を発生しなかった蔬菜にも稲藁は使用されていたが,稲藁にはPCBA剤は使用されていない. 5.本症状を発生させた原因は稲藁に付着または吸収されたPCBA剤の残効であると推定する。
Published Date
1969
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume34
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
39
End Page
46
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa