このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 263
Eprint ID
263
FullText URL
Title Alternative
Studies on the radiation breeding in the genus Mentha : VII. The Sensibility to Rust in Radiation-induced Variation of Japanese Mint
Author
Ono, Seiroku
Ikeda, Nagamori
Abstract
1.ハッカの銹病に感受性の日本ハッカ「はくび」(2n=96)の休眠種子に60Coによるγ線10KR,20KRおよびX線10KR,20KRの照射を行ない,X2世代における銹病罹病性の程度を無処理の対射区と比較した. 2.放射線照射を受けた種子からのX2集団は,銹病罹病性に関して無処理集団とは異なる性質を表わし,前者の中には後者の中に見られない強い抵抗性を示す個体があった. 3.X2集団中から選択した抵抗性個体の次代鑑定を行なったところ,X3集団は罹病の程度に関して正規に近い分布を示すので,日本ハッカの銹病の罹病性の遺伝には同義遺伝子あるいはポリジーンが関与していると推定した. 4.γ線処理とX線処理とを比較すると,この実験の範囲内ではγ線の方が日本ハッカの銹病抵抗性変異の創生により有効に働くように思われた。
Keywords
ハッカ属植物
育種学
銹病抵抗性
放射線処理
Published Date
1970
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume35
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
7
End Page
10
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa