Author 土居川 俊二| 中野 幹夫|
Published Date 1985-06-27
Publication Title 岡山大学農学部農場報告
Volume volume8
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Matsubara, Sachiko| Masuda, Masaharu| Takahashi, Kazuhisa|
Published Date 1989
Publication Title 岡山大学農学部学術報告
Volume volume74
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
FullText URL bgeou_174_001_008.pdf
Author Hirata, Yoshitsugu|
Abstract The study critically examines the concept of sustainability by focusing on the arguments of Derek Parfit and Hitoshi Nagai. The concept of sustainability is based on that of intergenerational ethics, which asserts the rights of future generations. Parfit's thought experiment "Depletion" shows that we cannot make assumptions about the characteristics of future generations in order to guarantee their rights because of the Non-Identity Problem. Nagai suggests that our ethics are derived from inverted moral and ethical values, and that intergenerational ethics underpinning the concept of Education for Sustainable Development is rooted in the present generational ethics as our inverted values.
Keywords Derek Parfit future generations Hitoshi Nagai nonidentity problem sustainability
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 1
End Page 8
ISSN 1883-2423
language 英語
File Version publisher
FullText URL bgeou_174_009_014.pdf
Author Ohmori, Iori| Minami, Kyoko| Ohno, Shigeru| Oka, Makio|
Abstract 【目的】注意欠如・多動症(ADHD)の患児とその保護者が薬物治療をどのように評価し,治療に向き合っているのかを明らかにする。【方法】ADHDの診断を受け,メチルフェニデート徐放剤およびアトモキセチンを処方された小1から高3までの患児94 人と保護者106人に質問紙調査と半構造化面接を行った。【結果】90%以上で服薬は規則正しく行われており,薬物治療に対する肯定的な評価は,患児・保護者で約80 ~ 90%と高かった。一方で,全面的に賛成しているわけではなく,約80%の保護者が否定的な意見も持っていた.否定的評価をする要因は,保護者は副作用を含めた長期的な影響への不安,患児は服薬の煩わしさや胃腸症状が多かった。定期的な薬物治療を続けているにも関わらず,効果と不安等を天秤にかけて治療を継続することへの積極的な支持は,患児・保護者で約50 ~ 60%であった。【結論】小児では,低年齢のため客観的に自身の状況を判断し,見通しをもって治療に参加することが難しい場合がある。患児へは胃腸症状への対処を,保護者へは治療の見通しや副作用について丁寧な説明を繰り返すことによって,薬物治療への否定的評価が軽減され,服薬アドヒアランスが向上する可能性がある。
Keywords 注意欠如・多動性症 ADHD アドヒアランス メチルフェニデート アトモキセチン
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 9
End Page 14
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
FullText URL bgeou_174_015_023.pdf
Author Ohmori, Iori|
Abstract 本研究の目的は,終末期小児がんの子どもと家族の思いを知り,彼らがより良く生きるための課題を明らかにすることである。方法として小児がん患児の発病から終末期までを描いた映画「私の中のあなた」を用い,患児や家族の気持ちが表れる場面をとりあげ,その各場面について研究論文を基に詳しく読み解いた。子どもが終末期により良く生きるために必要とされていることは,子どもの希望を尊重し,意思決定を支援すること,家族の苦悩に寄り添い,子どもと家族の意思が異なり葛藤する時には合意形成を支援すること,兄弟姉妹の抱える困難を理解し支援することが考えられた。
Keywords end-of-life care terminal care childhood cancer decision-making process autonomy
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 15
End Page 23
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
FullText URL bgeou_174_025_036.pdf
Author Kuwabara, Toshinori|
Abstract  本研究は,小・中学校の「総合的な学習の時間」及び,高等学校の「総合的な探究の時間」を,シティズンシップ教育として位置づけた時の可能性や意義を検討したうえで,実践にむけての課題を明らかにしようとするものである。そのために本研究では,1998 年改訂以後の学習指導要領における「総合的な学習の時間」の目標や内容の記述の変遷をたどり,改訂の度に「総合的な学習の時間」の性格がどのように変わっていったかを考察する。  具体的には,1998 年,1999 年告示の学習指導要領,次の2011 年から2013 年告示の学習指導要領,そして,2017 年と2018 年告示の学習指導要領に示された「総合的な学習の時間」の目標,内容,方法等を検討する。そのうえで,そこにシティズンシップ教育としての性格がどのように現れているかを明らかにする。
Keywords 総合的な学習の時間 シティズンシップ教育 市民性 学習指導要領
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 25
End Page 36
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
FullText URL bgeou_174_037_044.pdf
Author Miyazaki, Yoshio|
Abstract  本研究では,視覚障害児の図形認知と空間表象に関連する研究領域の中から,触運動知覚による空間理解,全盲者の描画活動,触運動知覚による物体認識に関する近年の研究を取り上げ,視覚障害教育の指導方法との関連づけを試みた。Millar,Al-Atter(2004),Kennedy(2014)Woods,Moore,Newel(2008)の知見は,これまで視覚障害教育の指導実践においても留意して取り組まれてきたことと概ね一致していた。今後の課題として,さらに視覚障害教育領域に関連する国内外の研究動向を調査して指導方法と関連づけて整理していくことにより,香川(2013)が指摘する視覚障害の特性を十分に考慮した空間理解に関する学習プログラムの開発及び実践的で実証的な検証が求められる。
Keywords 視覚障害 図形認知 空間表象 触運動知覚
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 37
End Page 44
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
FullText URL bgeou_174_045_060.pdf
Author Makino, Shigeko|
Abstract  本実践は,2020 年2月12 日㈬に,岡山県立玉野高等学校第2学年153 名を対象に,総合的な学習の時間(以下「総合」)におけるコミュニケーション能力育成のための学習活動として「フリーズ・フレームを体感しよう」の単元名で行ったものである。  総合の探究活動を活性化するには,多様な他者と円滑にコミュニケーションを図ることが必要である。本実践は,演劇的手法の1つである「フリーズ・フレーム(静止画)」に,総合の学問分野別小グループ単位で取り組むことで,「全身を用いたコミュニケーション」と「言葉によるコミュニケーション」の両方の特性を体得し,多様な他者と豊かで実り多いコミュニケーションができる能力の育成を図ることを目標とした。加えて稿者が所属する獲得型教 育研究会が目指す「演劇的手法を導入した『学びの全身化』により,学習者自身が『学びのワクワク感』を喚起する」ことを企図した。  生徒の活動ぶりや振り返りの記述を通して,本実践が目標を十分達成したことと,生徒達が「自立的学習者」への第一歩を踏み出したことが窺えた。
Keywords 演劇的手法 フリーズ・フレーム(静止画) 学びの全身化 獲得型教育 学びのワクワク感
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 45
End Page 60
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
Author Shibasaka, Mineo| Tsuji, Hideo|
Published Date 1994
Publication Title 岡山大学資源生物科学研究所報告
Volume volume2
Issue issue2
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Shibasaka, Mineo| Ushimaru, Takashi| Ookubo, Katsuyuki| Tsuchida, Shin-ichi| Tsuji, Hideo|
Published Date 1994
Publication Title 岡山大学資源生物科学研究所報告
Volume volume2
Issue issue2
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Shibasaka, Mineo| Miyata, Masahiko| Akiyama, Yoshiko| Kawasaki, Toshio|
Published Date 1995
Publication Title 岡山大学資源生物科学研究所報告
Volume volume3
Issue issue2
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Masuda, Masaharu|
Published Date 1989
Publication Title 岡山大学農学部学術報告
Volume volume74
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Akiyama, Yoshiko| Shibasaka, Mineo| Kawasaki, Toshio|
Published Date 1995
Publication Title 岡山大学資源生物科学研究所報告
Volume volume3
Issue issue2
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60576
FullText URL okadaironkou_12_15_26.pdf
Author 太田 紘子|
Publication Title 岡大国文論稿
Published Date 1984-03-31
Issue issue12
Start Page 15
End Page 26
ISSN 0386-3123
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60577
FullText URL okadaironkou_12_27_36.pdf
Author 伊藤 千夏|
Publication Title 岡大国文論稿
Published Date 1984-03-31
Issue issue12
Start Page 27
End Page 36
ISSN 0386-3123
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60578
FullText URL okadaironkou_12_37_48.pdf
Author 河村 志保|
Publication Title 岡大国文論稿
Published Date 1984-03-31
Issue issue12
Start Page 37
End Page 48
ISSN 0386-3123
language 日本語
File Version publisher
Author Okamoto, Goro| Imai, Shunji|
Published Date 1989
Publication Title 岡山大学農学部学術報告
Volume volume74
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60579
FullText URL okadaironkou_12_49_60.pdf
Author 矢本 久美恵|
Publication Title 岡大国文論稿
Published Date 1984-03-31
Issue issue12
Start Page 49
End Page 60
ISSN 0386-3123
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60580
FullText URL okadaironkou_12_61_70.pdf
Author 上村 敦之|
Publication Title 岡大国文論稿
Published Date 1984-03-31
Issue issue12
Start Page 61
End Page 70
ISSN 0386-3123
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/58044
Title Alternative What Should International Student Dormitories Be at Okayama University?: Current State and Issues of the International Student Shared House and Other Dormitories
FullText URL biess_4_168_185.pdf
Author UZUKA, Mariko| OKA, Masumi| FUJIMOTO, Masumi|
Abstract 岡山大学の留学生宿舎の36 年の歴史の中で、寮規則の遵守、人間関係の構築、施設や人的リソース不足など多種多様な課題が指摘されてきた。3 年前に開所した混住型の国際学生シェアハウスにおいて新たに日本人学生が関与する問題が追加発生したこともあり、教育資源として寮を活用する視点から一転して、効率化のために管理を外注化する方向に舵を切った。留学生活の基盤となる住環境を整えることは元来、費用や労力のかかることであり、日常的に起こる課題を解決するためには、責任感のあるリーダー的日本人学生の果たす役割が小さくない。その一方で、課題解決できる日本人学生の育成には、きめ細かい指導・助言に加えて、教育資源としての寮の活用という大学のビジョンと推進力が必要である。
Keywords 国際シェアハウス ユニットリーダー フロアリーダー 異文化理解 教育資源
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 168
End Page 185
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812109