このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 180
Eprint ID
180
FullText URL
Title Alternative
The Effect of Previous Night Artificial Lighting on the Flowering of Morning Glory. : IV. Delay of Flowering of Morning Glory and Soluble Solid Substance in the Flower.
Author
Yasuda, Isao
Fuji, Hiroji
Yasui, Koichi
Abstract
朝顔の蕾に室内でよわい光の前日電照を行なうと,翌朝は半開となるものが多く現われるが,これを放置しておくと正午頃に正規の花となることがある.1963年の夏,この現象を20,10,5Wの白熱灯で試験したのが次の結果である.また,螢光灯または白熱灯で前日電照下の蕾や花の可溶性固形物質をアッベの屈折計で測定してみたところ,対照区の個体にくらべかなりの差異が得られたので,その結果をも併せて報告する.(1)開花前日の蕾に20,10,5Wの白熱灯を終夜照明した場合,半開花が正午頃に正開となる率は,20Wで23.7%,10Wで65.4%,5Wでは100%となった.ただし,不開花が正午に再び正開となることはなかった.(2)60W電照下におかれた花中の固形物質の量は対照区に較べて残留率が高く,その成績は,不開,半開の順であった.特に対照区の蕾中の固形物質は最も大で,8.77%であった.そして,たとえ人工で蕾を開花させないでおいても,固形物質の量は完開花とほとんど同じであった.(3)蕾を電照したものを上下二つに切り,17~9時固形物質を調べたところ,任意の花については一定の傾向は見られなかったが,同じ個体の花を用いた場合は,上半部の固形物質量は下半部(筒の部分)より大であり,電照区においてこの傾向はかなり大きな数値を示した。
Published Date
1964
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume24
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
23
End Page
28
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa