このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37
Eprint ID
37
FullText URL
Title Alternative
Studies of Mint Breeding II : Karyological Consideration on the Phylogeny of the Genus Mentha L.
Author
Ikeda, Nagamori
Udo, Seiroku
Abstract
本研究に於いて,筆者等は薄荷属の11変種を含む6種の染色体数を決定し,既報の日本薄荷を加え,是等7種について系統学的考察を行つた. 1.筆者等は薄荷属植物の基本染色体数を12と考える.而して上記7種間の染色体数には明瞭な倍数関係が認められる. 2.是等の7種の中で染色体数の最も少いrotundifoliaが本属のprototype又は之につながるものと考えられる. 3.染色体数の倍数関係は,種内の変種,系統の間にも見られる(第1表,gentilis, spicta). 4.体細胞染色体数36(triploid)及び72(hexaploid)の種或は変種は,すべて完全不稔であり,他の染色体数を有するものは部分不稔である.その原因の解明は今後の研究に待ちたい. 5.精油が広く利用せられる日本薄荷と西洋薄荷とは,属の中で最高次の倍数性を示す.尚,諸研究者は種及び変種の染色体数に関して,可なり異なる数を報告している(第1表).これは(1).種の中に倍数的変異が存在し,それぞれの研究者の観察がその一部のみにとどまる場合,(2)種又は変種の染色体数に異数的変異が存在する場合,(3).種又は変種の鑑定の誤り,(4).染色体数の誤読等が原図と考えられる。
Published Date
1954
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume4
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
43
End Page
49
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa