JaLCDOI 10.18926/CTED/55817
Title Alternative 慢性疾患患児に対する復学支援の研究動向
FullText URL cted_008_181_191.pdf
Author Murakami, Rie| 大守 伊織|
Abstract The principle aim of the present study was to elucidate research trends and issues related to school re-entry. We reviewed past studies concerning school re-entry support for children with chronic illness. A total of 36 papers were analyzed for the keywords of "school re-entry," "support," "pediatric cancer," and "chronic illness." The results revealed that the concerns regarding the children and school re-entry support roles of legal guardians, healthcare providers, teachers, etc., and specific examples of collaboration with other occupations. "Guaranty a right to learn " and "relationship maintenance" were noted as issues, and ensuring a system that can establish certain learning opportunities even if the enrollment status of the child changes, continued maintenance of relationships of the patient before the onset of disease, and support to maintain the relationship of healthcare providers and teachers who are involved after onset of the disease are necessary even after school re-entry.
Abstract Alternative 本研究では、慢性疾患患児の復学支援に関する研究を概観し、研究の動向と課題を明らかにした。「復学」「支援」「小児がん」「慢性疾患」をキーワードとする36文献を分析した。その結果、保護者、医療関係者、教師など、患児に関わる人たちの思いや復学支援における役割、他職種連携、連携の具体例、高校生や思春期における復学支援の現状と課題などについて研究されていた。課題としては、「学習保障」および「関係維持」を挙げることができ、患児の学籍が変更になっても一定の教育機会を設けることのできるシステムの確保と、患児が発病前からつながっている人間関係を維持し、発病後に関わることになった医療関係者や教師と復学後もつながり続けられるような支援が必要と考えられた。
Keywords school re-entry (復学) support (支援) chronic illness (慢性疾患)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2018-03-20
Volume volume8
Start Page 181
End Page 191
ISSN 2186-1323
language 英語
Copyright Holders Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56507
Title Alternative The Key Factors of Growth over the Industry Lifecycle
FullText URL hss_047_093_111.pdf
Author Koshida, Takahisa| Nakagawa, Toyotaka| Nagahata, Hidekazu|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 93
End Page 111
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
Title Alternative What Sexual Minorities in Adulthood Want for the Present School Education
FullText URL bgeou_171_039_046.pdf
Author SASAKI, Arata| AMANO, Yumi| OHMORI, Iori|
Abstract  本研究の目的は,カミングアウトが難しい性的マイノリティ当事者が学校教育にどのような支援を望んでいるのか明らかにすることである。方法として質問紙調査を行った。質問紙作成にあたり,当事者への学校での支援について文献検索を行い,主に授業外で取り組む支援例を収集した。収集した支援例の評価を当事者18 名に依頼した。学校教育に求めていることは,相談してきた児童生徒の気持ちに寄り添うこと,第三者に知られないよう配慮すること,性の多様性と正しい知識を教えることであった。また,「開示しようとしまいと,いることを前提とする」学校になってほしいと希望していることが伺えた。教員は性的マイノリティの児童生徒が抱える困難さを重要な課題と捉え,いつでも誰でも相談できる環境づくりや,児童生徒の気持ちを尊重する努力が必要とされていると考える。
Keywords 性的マイノリティ 学校教育 環境的整備 支援
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2019-07-26
Volume volume171
Start Page 39
End Page 46
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
Title Alternative Difficulties in school life can be seen from the medical records of patients with gender dysphoria
FullText URL hyky_20_39.pdf
Author 天野 佑美| 佐々木 新| 松本 洋輔| 大守 伊織|
Abstract A school should be a place where every child can feel comfortable and safe. We aimed to shed light upon difficulties in school life in children with gender dysphoria (GD) and find a way to support them. We extracted the episodes in school life from the medical records of 59 patients with GD. They suffered from using gender segregated bookbags, school uniforms, swimming wears, and bathrooms. Sex education was not enough for them to understand GD. Children with male-to-female GD were bullied at school more often than those with female-to-male GD. Teachers should take note of children with GD, and should provide necessary supports in their school life, including the facilities and their relationships with their peers.
Keywords gender dysphoria gender identity disorder school education gender and sexual diversity difficulties
Publication Title 教育実践学論集
Published Date 2019-03
Issue issue20
Start Page 39
End Page 48
ISSN 2433-1791
Related Url isVersionOf http://hdl.handle.net/10132/17792
language 日本語
File Version publisher
Title Alternative Is Same-sex Marriage Acceptable in Japan? Reference to Same-sex Marriage Acceptance in Other Countries
FullText URL bgeou_172_049_056.pdf
Author Ohmori, Iori| AMAKAWA, Akari|
Abstract  日本において同性愛,異性愛等の性的指向に関わらず,全ての人が希望すれば婚姻に伴う幸福や利益を享受できる時代がくるかを問う。研究方法は,CiNii Articles とGoogle Scholarを利用して「同性婚」「憲法」等のキーワードで検索し,47 本の論文を検討した。同性婚が認められていない日本では,日本国憲法第24 条の「両性」の意味がどのように解釈されるか議論がなされている。同性婚が容認されている米国では,「人間の基本権」として認められてきた「婚姻の自由」が当事者の性的指向や性自認により否定されないという考えから容認された。スペインでは,同性婚が社会的に受け入れられていること等の考えより,容認されている。同性カップルが子どもを持つ時の子どもの不利益については,多くの研究が,子どもにとって大切なのは「親の性的指向」ではなく,「親の愛情」であると述べていた。画一的な家族のありようから離れ,多様な家族の幸せへの希求が始まっている。
Keywords 同性婚 LGBT 憲法
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2019-11-27
Volume volume172
Start Page 49
End Page 56
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006772601
JaLCDOI 10.18926/58037
Title Alternative A Study on the Korean Sentences in "Korinsuchi" published in Early Meiji Era
FullText URL biess_4_072_087.pdf
Author JIN, Namtaek|
Abstract 本稿では、明治前期に刊行された明治14年刊『交隣須知』(初刊本)、明治16年刊『再刊交隣須知』(再刊本)、白石氏蔵版『交隣須知』(宝迫本)の3本における韓国語文を対象に、初刊本と再刊本、初刊本と宝迫本の韓国語文の違いを調べる。分析結果をみると、① 初刊本から再刊本においては、韓国語文の誤りを訂正したものの、大多数の韓国語文は同じであること、② 初刊本と宝迫本においては、宝迫本には初刊本と違って見出し語がなく、対訳の日本語文を上段に示し、また韓国語文の変化が多いことがわかる。この研究は交隣須知関する基礎研究であり、今後明治期の朝鮮語学習書に関する研究に役立つと考えられる。
Keywords 朝鮮語学習書 交隣須知刊行本 浦瀬裕 宝迫繁勝
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 72
End Page 87
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812103
FullText URL bgeou_174_009_014.pdf
Author Ohmori, Iori| Minami, Kyoko| Ohno, Shigeru| Oka, Makio|
Abstract 【目的】注意欠如・多動症(ADHD)の患児とその保護者が薬物治療をどのように評価し,治療に向き合っているのかを明らかにする。【方法】ADHDの診断を受け,メチルフェニデート徐放剤およびアトモキセチンを処方された小1から高3までの患児94 人と保護者106人に質問紙調査と半構造化面接を行った。【結果】90%以上で服薬は規則正しく行われており,薬物治療に対する肯定的な評価は,患児・保護者で約80 ~ 90%と高かった。一方で,全面的に賛成しているわけではなく,約80%の保護者が否定的な意見も持っていた.否定的評価をする要因は,保護者は副作用を含めた長期的な影響への不安,患児は服薬の煩わしさや胃腸症状が多かった。定期的な薬物治療を続けているにも関わらず,効果と不安等を天秤にかけて治療を継続することへの積極的な支持は,患児・保護者で約50 ~ 60%であった。【結論】小児では,低年齢のため客観的に自身の状況を判断し,見通しをもって治療に参加することが難しい場合がある。患児へは胃腸症状への対処を,保護者へは治療の見通しや副作用について丁寧な説明を繰り返すことによって,薬物治療への否定的評価が軽減され,服薬アドヒアランスが向上する可能性がある。
Keywords 注意欠如・多動性症 ADHD アドヒアランス メチルフェニデート アトモキセチン
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 9
End Page 14
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
FullText URL bgeou_174_015_023.pdf
Author Ohmori, Iori|
Abstract 本研究の目的は,終末期小児がんの子どもと家族の思いを知り,彼らがより良く生きるための課題を明らかにすることである。方法として小児がん患児の発病から終末期までを描いた映画「私の中のあなた」を用い,患児や家族の気持ちが表れる場面をとりあげ,その各場面について研究論文を基に詳しく読み解いた。子どもが終末期により良く生きるために必要とされていることは,子どもの希望を尊重し,意思決定を支援すること,家族の苦悩に寄り添い,子どもと家族の意思が異なり葛藤する時には合意形成を支援すること,兄弟姉妹の抱える困難を理解し支援することが考えられた。
Keywords end-of-life care terminal care childhood cancer decision-making process autonomy
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2020-07-27
Volume volume174
Start Page 15
End Page 23
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
Author Nakamura, Ian|
Published Date 2012-12-31
Publication Title 大学教育研究紀要
Volume volume8
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Nakamura, Ian|
Published Date 2013-12-30
Publication Title 大学教育研究紀要
Volume volume9
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Nakamura, Ian|
Published Date 2014-12
Publication Title 大学教育研究紀要
Volume volume10
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Tsuji, Hiroaki|
Published Date 2014-07
Publication Title 臨床法務研究
Volume volume13
Content Type Departmental Bulletin Paper
FullText URL olj_70_1_001_030.pdf
Author 辻 博明|
Publication Title Okayama Law Journal
Published Date 2020-08-31
Volume volume70
Issue issue1
Start Page 1
End Page 30
ISSN 0386-3050
language 日本語
File Version publisher
FullText URL olj_70_1_(086_074).pdf
Author 辻 博明|
Publication Title Okayama Law Journal
Published Date 2020-08-31
Volume volume70
Issue issue1
Start Page 86
End Page 74
ISSN 0386-3050
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/fest/11434
FullText URL 012_051_061.pdf
Author Liu Xianbing| Tanaka, Masaru| Matsui, Yasuhiro|
Abstract Serious adverse impacts on the environment and human health from the recycling and disposal of electronic waste have occurred in the past and continue to occur in China today, due to the lack of a national management strategy. With aiming to support the management strategy development, a study was carried out to plan and quantitatively evaluate the optional management frameworks for the selected five main types of large electronic home appliances in Beijing, the capital city and a typically big municipality in China. This paper outlined the main findings yielded from the series of assessment studies which started from the generation amount prediction and material flow analysis of the used electronic appliances, planning and optimization of the collection & transportation frameworks and ended at the economic evaluation of the optional recycling processes for the waste appliances. Although the revenue could be expected from the result of isolated evaluation of the recycling processes, the entire system will be economically unavailable if the used appliances are still collected from the owners at current prices. The traditional understanding of householders on the values of their used appliances should be changed in Beijing and China as a whole. Establishment of a formal collection system that could take back the used appliances at lower prices (less than 40% of the current level) is the key for the construction of a formal management framework with sustainability.
Keywords Waste electronic home appliances Management framework Assessment Beijing China
Publication Title 岡山大学環境理工学部研究報告
Published Date 2007-03-15
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 51
End Page 61
ISSN 1341-9099
language 英語
File Version publisher
NAID 120002313493
Author Hayakawa, Rinko|
Published Date 2009-06-25
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Volume volume141
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/20003
Title Alternative A Case Study of Curricula for Music Teachers Training in Japan and China - Okayama University, Tokyo University of the Arts and Northeast Normal University -
FullText URL 010_055_062.pdf
Author Hayakawa, Rinko| Yamamoto, Hiroko|
Abstract 近年,わが国の教員養成においても日本人学生の中国への留学,そして中国人学生の日本への留学が,増加傾向にあるのは周知の通りである。そのような中で,日本と中国の音楽教員養成に関するカリキュラムの構造が異なっているために,留学生らにとって,希望する研究内容と実際のカリキュラムが適さないという問題等が生じている実態がある。筆者らは,中国の教員養成に関する音楽カリキュラムおよび教育内容の実態を調査するために,東北師範大学内にある音楽学院を訪問した。それらの調査内容を踏まえ,本研究ではそれぞれ構造やシステムの違う岡山大学教育学部・教育学研究科(音楽教育),東京藝術大学音楽学部・音楽研究科,東北師範大学音楽学院を事例として取り上げ比較することによって,前述した問題について検討を行った。
Keywords 音楽教員養成 (Music Teachers Training) カリキュラム (Music Curricula) 日中 (Japan and China) O-NECUS 留学生 (Students Studying abroad)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2010-03-10
Volume volume10
Issue issue1
Start Page 55
End Page 62
ISSN 1346-3705
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
File Version publisher
NAID 120002310803
JaLCDOI 10.18926/CTED/48194
Title Alternative Retraining Teachers for Teaching Singing.-on a Teacher’ s License Recertification Course-
FullText URL cted_002_060_070.pdf.pdf
Author Hayakawa, Rinko| Mushiaki, Masako|
Abstract 教員免許状更新講習の実践内容と,受講者の事前および事後アンケートの分析を中心に,歌唱指導における教師力の育成について考察を行なった。受講前には,歌唱指導に問題意識や苦手意識を持っている教師らが多く,指導法に関しても,すぐ現場で使えるような発声法や指導法を求めている教師らが多かったが,講習により,①問題意識・苦手意識の緩和,②歌唱指導についての考え方の転換,③歌唱指導についての知識や技能の獲得,④歌唱指導( 音楽の授業) への意欲の喚起の4点の成果が得られたことが明らかとなった。特に,理論と実践を関連させながら,多角的な声へのアプローチをしていくことが,歌唱指導における教師力の育成につながると考えられた。
Keywords 歌唱指導 教師力 新学習指導要領 発声
Publication Title 岡山大学教師教育開発センター紀要
Published Date 2012-03-19
Volume volume2
Start Page 60
End Page 70
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2012 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
NAID 120003987709
Author Nishiyama, Osamu| Katayama, Mika| Okayama, Mari|
Published Date 2012-11-27
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Volume volume151
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author Nishiyama, Osamu| Katayama, Mika|
Published Date 2013-02-25
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Volume volume152
Content Type Departmental Bulletin Paper