Title Alternative Arguments over Educational Relationship in Moral Class around 1950-60’s
FullText URL bgeou_168_039_048.pdf
Author Kokayashi, Mariko|
Abstract 本稿では,教育的関係をめぐる言説について,道徳教育に携わる教師のあり方に言及した1950 ~ 60 年代の論考を取り上げて検討した。「道徳の時間」特設前後には,学級や学校の雰囲気づくり,共感的な子ども理解,教師の姿による感化,子どもへの愛情や教師としての使命感,教職の専門性などが主張されたことが明らかになった。道徳授業における「教師−児童生徒」関係への言及が少なかったのは,学校の教育活動全体を通じておこなう道徳教育を重視した全面・特設主義の影響によるものと考えられる。
Keywords 道徳の時間 教師像 子ども理解 全面・特設主義
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2018-07-27
Volume volume168
Start Page 39
End Page 48
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006491695
Title Alternative Jonathan Swift’s Poems in His Early Years (1)
FullText URL bgeou_168_059_069.pdf
Author Kishimoto, Hiroshi|
Abstract 『桶物語』や『ガリヴァー旅行記』などで知られるジョナサン・スウィフトは,生涯にわたって多くの詩を書いている。そのほとんどは,散文による諷刺作品と同様,風俗詩や社交詩,とりわけ皮肉,嘲笑,ブラック・ユーモアなどを交えた諷刺詩である。さらに,スカトロジカルな「女性嫌悪詩」まで書いている。だが彼の最初期の詩は,特定個人の美徳や功績を褒め称えた「真面目」な頌詩であり,のちの詩篇とは内容的にも形式的にも大きく異なっている。本稿は,サー・ウィリアム・テンプルの秘書をしていたムーア・パーク時代の若きスウィフトが,何ゆえに自身の好みや気質からかけ離れた頌詩を書いたのか,その理由と詩作の背景を,エイブラハム・カウリーやテンプルの影響と関わらせながら考察する。
Keywords ジョナサン・スウィフト エイブラハム・カウリー サー・ウィリアム・テンプル 頌詩
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2018-07-27
Volume volume168
Start Page 59
End Page 69
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006491697
Title Alternative A Historical Study on Teacher Training System in Modern China
FullText URL bgeou_168_001_009.pdf
Author Onoue, Masanobu| Kajii, Kazuaki| Okugawa, Akiko| Na, Yuhan|
Abstract  本稿は近代世界における教員養成の思想と制度の比較研究の一環として,近代中国,具体的には中華民国期における近代的な教員養成制度の発展について取り上げ,まずはこれを対象とした日本における先行研究を整理し梗概を示し,あわせて清末期から中華人民共和国建国に至る近代中国における教員養成制度発展の歴史的特徴を検討した。清末から中華民国初期の学校制度や教員養成制度の構築にあたっては当時の日本の影響が強く認められるものの,やがてアメリカの新しい思想と制度から多くの影響を受けつつ近代化が模索されていたのである。
Keywords 教員養成 教育史 近代中国
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2018-07-27
Volume volume168
Start Page 1
End Page 9
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006491693
Title Alternative Modern Japan Seen by People from Other Countries: The Case of Benjamin Stone from England in 1891
FullText URL bgeou_168_011_037.pdf
Author Kajii, Kazuaki|
Abstract 近代日本に残る近世的伝統とその刷新としての西洋化が混交ないしは相克する位相は,他者としての外国人の目線をそこに投じるとき,より浮き彫りになる側面がある。19 世紀末,近代初期の日本において,どのような文化や伝統をめぐる変化が進みつつあったのか。本稿では,イギリス人旅行写真家のベンジャミン・ストーンが1891 年の日本滞在時,本国の家族らに宛てた手紙を検討し,彼が語る日本で得た経験と観察の内容を考察する。
Keywords 近代日本 ベンジャミン・ストーン 手紙 伝統 変化
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2018-07-27
Volume volume168
Start Page 11
End Page 37
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006491694
JaLCDOI 10.18926/OLR/56222
Title Alternative Is it Admitted not to Mention Victim’s Name in an Indictment?
FullText URL olr_021_001_016.pdf
Author Yoshizawa, Toru|
Publication Title Okayama Law Review
Published Date 2018-09
Volume volume21
Start Page 1
End Page 16
ISSN 1881-1485
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006528313
JaLCDOI 10.18926/OLR/56223
Title Alternative Torts Liability of Person with Parental Authority for Traffic Accidents Caused by a Minor with Capacity to Assume Liability
FullText URL olr_021_017_054.pdf
Author Mega, Akiko|
Publication Title Okayama Law Review
Published Date 2018-09
Volume volume21
Start Page 17
End Page 54
ISSN 1881-1485
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006528314
JaLCDOI 10.18926/OLR/56224
Title Alternative Message from the Legal Department of a Global Company
FullText URL olr_021_055_067.pdf
Author Sato, Atsushi|
Publication Title Okayama Law Review
Published Date 2018-09
Volume volume21
Start Page 55
End Page 67
ISSN 1881-1485
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006528315
JaLCDOI 10.18926/OLR/56227
Title Alternative How can Local Public Entities Constitutionally Regulate the Dispersion of Ashes of the Dead?
FullText URL olr_021_111_128.pdf
Author Tajika, Hajime|
Publication Title Okayama Law Review
Published Date 2018-09
Volume volume21
Start Page 111
End Page 128
ISSN 1881-1485
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006528318
JaLCDOI 10.18926/OLR/56225
Title Alternative Overview of National Tax Appeal System
FullText URL olr_021_069_082.pdf
Author Okuda, Yoshihiko|
Publication Title Okayama Law Review
Published Date 2018-09
Volume volume21
Start Page 69
End Page 82
ISSN 1881-1485
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006528316
JaLCDOI 10.18926/OLR/56226
Title Alternative Appeals Judge for National Tax Tribunal as Lawyer’s Carrer
FullText URL olr_021_083_110.pdf
Author Nakai, Akira|
Publication Title Okayama Law Review
Published Date 2018-09
Volume volume21
Start Page 83
End Page 110
ISSN 1881-1485
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006528317
FullText URL papyrus_025_023_028.pdf
Author 山野 定寿|
Abstract  本研究の目的は, 問題解決カを高める批判的思考カを養う授業づくりの工夫を, 授業実践を通して検証し, 示すことである. そのために, まず道回(2001, p103)の批判的思考のプロセスとモデルに注目した. また, 全国学力学習状況調査にみられる割合の課題を分析し児童が陥りやすい誤りを考察した. 次に,そのモデルや割合の課題を基に, 授業の導入から誤りを複数持つ反例を児童に示し, 批判的な思考活動を促し, 問題解決の見通しを持たせるとともに, 誤りの本質に迫らせ, 新たな問題解決の方略を習得させる授業実践を試みた. その結果, パフォーマンス評価やプロトコルに基づく批判的思考の図化により, 児童は批判的思考のプロセスを自他の方法に対し繰り返し, 新たな問題解決の方略を習得したことが分かった.
Keywords 批判的思考のプロセス・モデル 複数の誤りの反例 割合 全国学力学習状況調査
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 23
End Page 28
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
FullText URL papyrus_025_001_008.pdf
Author 石田 さや香|
Abstract  分数の乗除の指導について、歴史的変遷をたどり、教科書として画期的に刷新されたと言われる緑表紙教科書(1935~ 1943年) の説明方法に着目した。緑表紙教科書は、その後の算数教科書の内容にも大きく影響を及ぼしたとされる。本稿では、特に分数の乗除の指導方法について、緑表紙教科書の指導の考え方の特徴を整理し、現行のものも含めて、その後の算数教科書との関わりについて調べた。その結果、①緑表紙教科書では、(分数) ×(分数) の立式説明は、今日「単位量当たりの見方J と呼ばれる方法に相当すること、②それ以降では、「割合的な見方jによる説明がなされた時期があり、再び「単位量当たりの見方」による説明となる時期を経て、両者が並記される現行教科書へと続いているということがわかった。(分数)÷ (分数) などについても、緑表紙教科書以降の説明方法がいろいろと変化してきたことがわかった。
Keywords 緑表紙教科書 単位量当たりの見方 割合的な見方
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 1
End Page 8
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
FullText URL papyrus_025_009_014.pdf
Author 磯野 嵩|
Abstract  次期学習指導要領では,「数学的な見方・考え方」を働かせることで数学的に考える資質・能力の育成を図ろうとしている。しかし,第5学年「割合」単元では,学習の困難さから,表面的な知識・理解に偏る授業が多く,児童が『数学的な見方・考え方』を働かせることができていないことが課題である。そこで, 本稿では,第5学年「割合Jの授業実践から児童が「数学的な見方・考え方」を働かせる「割合」指導の在り方を明らかにすることを目的として実践研究を行った。その結果,「差で比べる」見方・考え方から課題を見つけさせ,「倍(割合)で比べる」見方・考え方の良さを振り返ることで,「数学的な見方・考え方」を働かせ, 深い学びにつなげることができた。そのため,第5 学年「割合」指導において, 数量関係を「差で比べる」見方・考え方から「倍で比べる」見方・考え方に変容する授業実践は,数学的な見方・考え方を働かせるといった示唆が得られた。
Keywords 数学的な見方・考え方 割合 数量関係 深い学び
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 9
End Page 14
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
FullText URL papyrus_025_015_022.pdf
Author 園井 大介|
Abstract  2017年3月に学習指導要領が告示され,私たちのが進む教育の方向性が示された。世界的な潮流と同様に,我が国の進むべく教育の方向性は,資質・能力の育成と言ったコンヒ・テンシーの育成である。算数科においては,「数学的な見方・考え方を働かせ,数学的活動を通して,数学的に考える資質・能力を育むこと」が示され,その趣旨を生かした授業改善が求められる。また,これからの社会は,限界のある「個」で,ものを創り上げていくのではなく,「個」のカを生かしながら,「チーム」で「個」のカを何倍にも高め,「チーム」として倉切上げていく能力がこれからの社会には必須である。そこで,本研究では,新学習指導要領の趣旨を生かすため,第6 学年の「場合の数」における「働かせる数学的な見方・考え方は何なのか」,「培われる数学的に考える資質・能カは何であるのか」について明らかにし,協働的に創る算数の授業について考え,実践し,その実践がどうであったかについて考察していく。
Keywords 数学的に考える資質・能力 数学的な見方・考え方 協働的に創る算数
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 15
End Page 22
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
FullText URL papyrus_025_029_037.pdf
Author 杉能 道明|
Abstract  中央教育審議会答申(2016) では,「何ができるようになるか」「どのように学ぶか」を重視した新しい教育の枠組みが示された。「何ができるようになるか」に応えるのが「育成を目指す資質・能力の3つの柱」であり, 「どのように学ぶか」に応えるのが「主体的・対話的で深い学び」である。授業改善の視点を示す「主体的・対話的で深い学び」であるが, 特に「深い学び」についてイメージがもちにくいという指摘がある。「深い学び」とはどういう学びなのか。「深い学びJは新しい算数科の目標の中の「数学的な見方・考え方」と「数学的活動」とはどのようにつながっているのか。 中央教育審議会答申(2016) や小学校学習指導要領(平成29 年告示) の記述から「深い学びJのキーフレーズやその意味を考察した。また, 授業改善の方策を考える中で, 教材研究の中で「深い学び」の具体的な子どもの姿を描いた。さらに, 「深い学び」に向けた教師の支援について提案している。
Keywords 深い学び 数学的な見方・考え方 数学的活動
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 29
End Page 37
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
FullText URL papyrus_025_038_044.pdf
Author 黒崎 東洋郎|
Abstract  予測困難な未来社会を能動的、協働的に切り拓き、社会貢献できる資質・能力が求められ、算数科にあっては、「数学的な見方・考え方を働かせ、数学的な活動を通して、数学的に考える」という資質・能力の育成が強調されている。新しい算数教育では、「数学的な見方・考え方」を有機的に機能する道具として位置付け、数学的に考える資質・能力を育むことを意図している。位置付けが変更された「数学的な見方・考え方」ではあるが、位置付けを変更した目的は何か、働かせるべき機能をもつ「数学的な見方・考え方」とはどのようなものか、どのように機能する「数学的な見方・考え方」を育成すべきかなど、探究すべき課題が多い。そこで、本研究では、「数学的に考える」資質・能力を育成する道具である有機的な機能をもつ「数学的な見方・考え方」の育成方法を探究する
Keywords 数学的な見方・考え方 機能 数学的に考える力
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 38
End Page 44
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56341
Title Alternative Toward a J-Form Theory of Knowledge-Creating Firms
FullText URL hss_046_001_011.pdf
Author Fujii, Daiji|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2018-11-26
Volume volume46
Start Page 1
End Page 11
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2018 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56345
Title Alternative Considering the Prevention of School Teachers' Scandals : Troubles and Confessions of a Committee Adviser
FullText URL hss_046_065_071.pdf
Author Tsukamoto, Chiaki|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2018-11-26
Volume volume46
Start Page 65
End Page 71
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2018 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56348
Title Alternative How Advanced Learners of Japanese Manage the Use of Non-Finite Forms of Verbs : Analysis of Relational Meanings in Predications
FullText URL hss_046_107_123.pdf
Author Miyazaki, Satoko|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2018-11-26
Volume volume46
Start Page 107
End Page 123
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2018 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56355
Title Alternative The Theory of Light-verbs and Collocations
FullText URL hss_046_239_259.pdf
Author Wang, Dantong|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2018-11-26
Volume volume46
Start Page 239
End Page 259
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2018 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher