このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 663
Eprint ID
663
FullText URL
Title Alternative
Salt Tolerance of Parsley, Welsh Onion, Radish, and Cabbage
Author
Shimose, Noboru
Hayashi, Noriaki
Abstract
パセリー,ネギ,ハツカダイコンおよびキャベツをそれぞれの基本培養液にNa2SO4またはNaClをそれぞれ0,20,40,60meq/lとなるように添加し,収穫期まで流動砂耕栽培し,次のような結果を得た. 1)耐塩性はこの濃度範囲ではハツカダイコンが強,キャベツが強(Cl区)~中(S区),ネギが中,パセリーが中(Cl区)~弱(S区)であった. 2)塩類濃度の増大に伴い,K,Ca,Mg含有率は漸減し,この傾向はNa2SO4添加区で顕著であった. これら3成分はNa吸収が増大した結果,拮抗的に吸収阻害を受けたものと考えられるが,ハツカダイコンではNaとの拮抗のみでは説明できず,共存するSO2-4,Cl-の影響が大きいものと考えた。
Published Date
1983
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume62
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
25
End Page
30
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa