このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 611
Eprint ID
611
FullText URL
Title Alternative
On the Timing of Watering of Greenhouse Carnations
Author
Konishi, Kuniyoshi
Ohki, Kennichi
Abstract
ベンチによる1回摘心短期栽培で,その主要な生育期が夏また冬になる作型のカーネーションについて,摘心後のかん水点をpF1.5,2.0,2.5,2.8,発らい前pF1.5のちpF2.8,および発らい前pF2.8のちpF1.5として栽培し,かん水点が生長,開花,切花品質,ならびに水消費量に及ぼす影響を調べ,それぞれの作型における適正かん水点を求めた. 高かん水点区は生長がおそく,また開花が遅れた. 高かん水点による生長と開花の遅延は夏の作型で著しく,冬にはごくわずかであった. 発らい後の花らいの発達速度には,かん水点は作用しなかった. 切花品質は高かん水点区がわるい傾向にあった. 水消費量は高かん水点区が少なかったが,夏には開花が遅れたために,水消費量の減少はわずかであった. 生長速度,開花の早晩,切花品質,水消費量(かん水同数)などからみて,温室カーネーションの適正かん水点は,夏はpF1.5~2.0,冬は2.5程度と考えられる。
Published Date
1981
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume58
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
15
End Page
22
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa