このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 71
Eprint ID
71
FullText URL
Title Alternative
Physiological and Chemical Studies on the Growth of Crops grown on the Polder Soils : III. Effects of Potassium on Rice Plants
Author
Shimose, Noboru
Miyake, Yasuto
Abstract
干拓年次の新しい児島湾干拓地圃場において,塩化カリ及び硫酸カリを用いてカリの施与量をかえて水稲を栽培し,カリの効果について試験を行つた.その結果塩化カリと硫酸カリとによる生育差は殆んど現われなかつたが,カリ施与量は收量及び藁中の無機成分含有率に著しい影響を及ぼすことを知つた.即ち收量は塩化カリの場合 K2Oとして反当1貫施与区において,硫酸カリでは1,2貫施与量において最高で,無カリ区と比べてカリ塩施用の効果は認められたが,3貫区の收量は著しく低下した.藁中の K2O含有率は1貫区では無カリ区より明らかに高かつたが,3貫区では反つて著しく低く,又 CaO含有率もカリ塩施与量が多くなるに従つて低下することが認められた。
Published Date
1957
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume10
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
19
End Page
23
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa