このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 72
Eprint ID
72
FullText URL
Title Alternative
Distribution of P32 in Rice Plants grown in the Chloride Excess Solution
Author
Shimose, Noboru
Abstract
水稲をその生育途中から0.3% NaCl液を加えて水耕栽培し,幼穂形成期を過ぎてから p32を培養液に加え,吸收されたP32の行方を検索した.塩化物を生育初期から加えなかつたため,出穂期に茎葉,特に古い葉に多くClが残存し,従来の成績とは極めて異つた結果を得,ために所期の目的を達し得なかつたが次のような事実を認めた.即ち幼穂形成期以後に加えられたPも水稲によつて吸收利用されるが,水稲体内に多量のClが残存すると,根から茎葉内へのPの移行が妨げられ,特に古い葉の中のP32が少いという事実を認めた。
Published Date
1957
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume10
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
25
End Page
28
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa