このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 73
Eprint ID
73
FullText URL
Title Alternative
Requirement of Calcium by Mat Rush Plant
Author
Shimose, Noboru
Abstract
石灰施与量をかえて藺草を栽培し,その生育及び体内無機成分を測定して藺草の品質を左右する因子を検索した.2万分の1ポットに充填した土壌に対し,全量としてCaCO3 6gを施与した試験区が最も生育良好で,藺草は或程度の石灰を要求する事実を認めた.しかしより以上石灰を供与すると生育は劣つた.体内無機成分分析の結果,石灰の増施に伴いわづかながら体内 CaO含有率が上昇し,それに逆比例して K2O含有率は著しく低下する事実を認めた.土壌溶液のpHを測定したが,何れの区も微アルカリ性を呈する故に,藺草は広義の嫌石灰植物であり,その石灰嫌忌性は体内における石灰とカリとの拮抗現象に起因するものと思われる.即ち体内の石灰とカリとのバランスが適当である場合に生育に良好な結果をもたらすもので,石灰とカリとは藺草の品質及び生育を左右する重要な因子であることを認めた。
Published Date
1957
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume10
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
29
End Page
32
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa