JaLCDOI 10.18926/56512
Title Alternative The Building of the Ideal Image of Chinese Female Education in the Late Qing Dynasty : Focusing on the inconsistency with the philosophy of Japanese “good wife and wise mother”
FullText URL hss_047_187_207.pdf
Author Sun, Changliang|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 187
End Page 207
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56510
FullText URL hss_047_159_172.pdf
Author Naw Say Say Pwe|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 159
End Page 172
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56506
Title Alternative An Investigation of Subordinate Conjunctions in the “Taiyo Corpus”
FullText URL hss_047_071_091.pdf
Author Liu, Xiaomei|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 71
End Page 91
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56505
Title Alternative A Study of the Japanese Particle No at the Early Phase of First Language Acquisition: Focusing on its Conversational Functions and Change in Use
FullText URL hss_047_051_069.pdf
Author Tomioka, Fumiko|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 51
End Page 69
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56508
Title Alternative On the Textual Function of the Noun Predication Sentence Modified by Adjectives: The Case of “Adjective+hito-da”
FullText URL hss_047_113_133.pdf
Author Meng, Kingyi|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 113
End Page 133
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56513
FullText URL hss_047_209_229.pdf
Author Ei Thandar Aung|
Abstract This paper deals mainly with the relations between Myanmar and Japan. In this study, a prominent figure from Myanmar politics who visited Japan and his endeavor to develop the relations between the two countries will be presented. At the beginning of the 20th century, the cordial relations between Myanmar and Japan did not exist. In 1907 Sayadaw U Ottama’s visit to Japan that the Myanmar began to take an interest in Japan. After Japan appeared as a modernized nation, the reform movements and achievements of Japanese was emulated by Myanmar. Likewise, it is assured that Myanmar nationals such as political leaders and entrepreneurs from all sectors have the desires to achieve as an Asian country like Japan. Therefore, how did the prominent figures from Myanmar nationals at that time study and observe about the achievements of Japan will be discussed in this paper. Moreover, the advantages of the Japanese developed achievement under observation and the some disadvantages of Myanmar under British administration and the necessary factors to make reforms will be researched. By conducting this research, it aimed to know not only the efforts to develop the Japan – Myanmar relations at present but also efforts to develop the relations in the past and it also aimed to observe costumes and traditions of both countries. The primary and secondary sources to write this paper was obtained from the National Library of Myanmar, Universities’Central Library, University of Yangon Library, University of Maubin Library and Internet Archive.
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 209
End Page 229
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56509
FullText URL hss_047_135_157.pdf
Author Khin Mar Thet|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 135
End Page 157
ISSN 1881-1671
language 英語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56502
Title Alternative Research on The DIBALUJUN(第八路軍)’s Battle of DALONGHUA(大龍華)
FullText URL hss_047_001_016.pdf
Author Jiang, Keshi|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 1
End Page 16
ISSN 1881-1671
language 中国語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56514
Title Alternative Yasushi Inoue’s “Tun-huang” and Akira Fujieda’s “Sashu Kigigun Setsudoshi Shimatsu” : On the Descriptions of “Setsudoshi”
FullText URL hss_047_(001)_(020).pdf
Author Zhou, Xia|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page (1)
End Page (20)
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56504
FullText URL hss_047_027_050.pdf
Author Wells, John Thomas|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 27
End Page 50
ISSN 1881-1671
language 英語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56507
Title Alternative The Key Factors of Growth over the Industry Lifecycle
FullText URL hss_047_093_111.pdf
Author Koshida, Takahisa| Nakagawa, Toyotaka| Nagahata, Hidekazu|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 93
End Page 111
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56503
Title Alternative Über die Bedeutung der Aussage: „Die Mitte ist das Selbstbewusstsein, welches sich in die Extreme zersetzt“. Eine Untersuchung des reinen Begriffs der Anerkennung in der Phänomenologie des Geistes
FullText URL hss_047_017_026.pdf
Author Takeshima, Ayumi|
Publication Title Journal of Humanities and Social Sciences
Published Date 2019-03-22
Volume volume47
Start Page 17
End Page 26
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders Copyright (c) 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56545
Title Alternative A Study on the Change of Image of Student Guidance by Trainee Teachers Before and After University Lecture
FullText URL cted_009_099_108.pdf
Author Mishima, Tomotaka|
Abstract 本研究の目的は,全学教職課程履修学生の生徒指導に関する講義の前後における生徒指導イメージの変容を検討することであった。そのため,教育学部以外に所属し教職課程を履修する学生のうち,生徒指導に関する講義を受講する学生を対象に,講義の前後に調査を行い,115名の有効回答が得られた。その結果,(1)生徒指導イメージの8因子のうち,「指導の難しさ」「一方的な指導」「個に応じたきめ細かな指導」「間違いを正す」「やりがい」の5因子が有意に高まり,学生の生徒指導イメージが講義を通して深まっている可能性があること,(2)学生の生徒指導イメージの因子間相関を講義の前後で算出した結果,講義後に相関係数が有意に転じたものが多く,学生の生徒指導イメージが講義後により多面的になった可能性があること,が主に示唆された。そして,講義の充実度や生徒指導力の高まり度などの補足データと併せて結果が考察された。
Keywords 生徒指導イメージ 全学教職課程履修学生 大学講義
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 99
End Page 108
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56546
FullText URL cted_009_109_123.pdf
Author Yamashita, Yoshika| Mushiaki, Masako|
Abstract  幼児にとって「歌うこと」は日常と密着し,幼児の生活に彩りを加えるものである。では,具体的に保育者は,歌を提供する際にどのようなことに注意して歌の選曲や歌の活動を支援するべきなのであろうか。これらを検討するために,現在,幼児期に扱われる曲種の調査,幼児への歌の実践指導,保育関係者へのインタビューを行った。その結果,幼児向けの歌は曲名が「あ」行で始まる歌が多く,生活習慣を学ぶ歌,おとぎ話の歌,架空の生き物の歌等,多様に分類できることが解認できた。また,幼児への歌唱指導では,きっかけの言葉に即時反応する幼児から影響を受けて,他の幼児も反応する等の相互作用がみられた。インタビューからは「大きい声」「小さい声」の出し方の声掛けや歌の活動の工夫が示され,幼児期の歌活動には,年齢に応じた歌の導入,幼児の特性に応じた声掛け等,柔軟で細部まで配慮された指導や援助が必要とされることが明らかになった。
Keywords 幼児期 歌の活動 保育 歌唱指導
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 109
End Page 123
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56542
Title Alternative Study on special activities for creating desirable human relationships : Creating a smiley classroom by enriching active learning
FullText URL cted_009_069_083.pdf
Author Sakuda, Kiyohiro| Nakayama, Yoshikazu|
Abstract  いじめ、不登校などをはじめとする諸問題解決に向け、学級づくりの基盤である特別活動の在り方について、児童生徒の「望ましい人間関係づくり」の構築について検討した。この目標を達成するためには、コミュニケーション不足が叫ばれる昨今、関わり合いに根差したアクティブラーニングによる学級づくりを行うことが重要であると考える。  本研究では、過去の筆者(作田)の小学校特別活動における実践をもとにした、アクティブラーニングによる人間関係づくりへの効果について分析した。その結果、「望ましい人間関係づくり」における視点が明らかとなり、これらの取り組みにより、自己肯定感と自尊感情の向上、自己実現へと繋がり、「より善く生きる」ことへの効果が見出された。そして、特別活動における人間関係づくりの距離感や対話方法について、各々にとって最も充実感を得ることができ、認知度を向上させるコミュニケーション行為の方法が明確化された。
Keywords 自己肯定感を高める工夫 望ましい人間関係づくり 自己実現 自尊感情 相手を思う心
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 69
End Page 83
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56547
Title Alternative The Effects of Creative Learning Spiral Model on Making Videos to Creativity and Information Morals
FullText URL cted_009_125_133.pdf
Author Okazaki, Yoshihiro| Miyake, Motoko|
Abstract クリエイティブ・ラーニング・スパイラルに基づいたワークショップが子どもの創造性・情報モラルに与える効果について検討した。ワークショップに参加する群 (介入群) とゲームで遊ぶ群(統制群) の2群間で比較した結果,アイデアの産出数と情報モラルに関する記述数の差は有意ではなかった。また,クリエイティブ・ラーニング・スパイラルの各段階の行動に対する自己効力感を調べた結果,介入群の自己効力感は有意に上昇していた。さらに,クリエイティブ・ラーニング・スパイラルに基づいた創造性を育む方法について考察し,子ども間の自由な関わり合いが必要であることを示唆した。
Keywords クリエイティブ・ラーニング・スパイラル 創造性 情報モラル
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 125
End Page 133
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56538
Title Alternative Acute Effects of Warm-up in Physical Activities : Effects of Conditioning Contraction on Subsequent Jump Performance
FullText URL cted_009_023_032.pdf
Author Minamio, Yota| Enomoto, Shota| Kaga, Masaru|
Abstract 本研究は準備運動として行うコンディショニング収縮(即時的な筋力増強現象を引き起こす運動)が、その後に行うジャンプパフォーマンスに与える即時的効果を調査することを目的とした。本研究には19名の男性が参加した。対象者は、足関節のみで水平方向のジャンプ動作が行えるように設計されたレッグプレスマシン上で試技を行った。コンディショニング収縮としてカーフレイズ70%1RM10回を2セット行い、カーフレイズの前に3回、その後に6回(post-1min,3min,5min,7min,10min,12min)のジャンプを行った。加えて、ジャンプ動作中の運動学的、運動力学的データを記録し、関節トルクを算出した。カーフレイズ後、10分後にジャンプ高が有意な増加を示し(p<0.05)、足関節ピークトルクも10分後に有意な増加を示した(p<0.05)。これらから、コンディショニング収縮を行うことで、その後に行う単関節運動のジャンプパフォーマンスが向上することが示唆された。
Keywords 準備運動 ジャンプ 体育活動 スポーツ
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 23
End Page 32
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56537
Title Alternative Departure From "I Do Not Want to Learn These Matters Over and Over" 3 Years Challenge in Okayama Prefecture Board of Education
FullText URL cted_009_013_022.pdf
Author Tsukamoto, Chiaki| Hira, Shinji|
Abstract  岡山県教育委員会が取り組んできた不祥事対策について,その特徴を回顧的に述べた上で,3年が経過した現在の成果について紹介した。ともすると不祥事対策は「言われるからやりました」というアリバイ作り的なものになりやすく,研修の場での発言も形式的なものに傾きやすい。そうした動機づけの低さを「多忙な教員として自然な反応」と認識したうえで,生徒理解を超え,教師自身の人生理解に役に立つように研修資料を作りこんできた結果,現場では「研修を受けてよかった」「研修を繰り返すことに意味があると思える」という声も聞かれるようになった
Keywords 不祥事対策 動機づけの低さ 研修資料 作成の工程 現場の声
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 13
End Page 22
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56539
Title Alternative Classification of Peer Conflict in Elementary School and Efficacy of Mediation as Resolution Strategy
FullText URL cted_009_033_046.pdf
Author Aoki, Tazuko| Yamazaki, Ayaka| Okumura, Yayoi| Miyake, Motoko| Kimura, Masanobu|
Abstract 子どものいざこざは一般的には起こらないほうがよいと考えられている。他方で,子どもの社会性の発達を促すポジティブな面も指摘されている。本研究では小学校におけるいざこざの実態を調べ,有効な教師の介入解決方略を明らかにすることを目的とした。研究1では,教育実習を終えた大学生126名に質問紙調査を実施し,いざこざの内容を分類した結果,7種が見出された。研究2では,小学校の学級担任93名に,7種のいざこざ場面のシナリオを提示し,どのような介入解決方略をとるか尋ねた結果,ミディエーション(双方の子どもから話を聴き,子どもから解決策を引き出す方略)が,7つのうち5つの場面で最も多くとられていた。研究3では,経験豊富な管理職39名に,より解決が難しい3場面での介入解決方略について尋ねたところ,全ての場面でミディエーションが最も多かった。以上の結果から,小学校における教師のミディエーションの有効性について論じた。
Keywords いざこざ ミディエーション 介入解決方略 教師の介入
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 33
End Page 46
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/56558
Title Alternative Implementing the “Sing Together” campaign that connects parents and children and their schools and communities (1)
FullText URL cted_009_267_281.pdf
Author Hayakawa, Rinko|
Abstract  本研究は,学校・地域・親子をつなぐ「共に歌う」活動としての「みんなで歌おう音楽会」の実践について,その意義と課題について検討することを目的とした。本稿では,特に,実践の経緯と概要を報告しつつ,あわせて,音楽会終演後に実施した参加者対象のアンケート調査を取り上げ考察した。その結果,本実践が,「共に歌うこと」の大切さと「日本文化としての唱歌や日本のうたの継承」の大切さについて,その一端を伝える機会になったことが明らかとなった。また,子育て支援の点からも機能していることが認められた。
Keywords 「共に歌う」活動 学校の歌文化 唱歌 子育て支援
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2019-03-20
Volume volume9
Start Page 267
End Page 281
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher