このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 106
Eprint ID
106
FullText URL
Title Alternative
Studies on the Biology and Control of Cutworms. : I. Cutworm Faunal Compositions in the Tobacco Field at the Planting Season in Okayama Prefecture.
Author
Koizumi, Kenji
Kiyoku, Masao
Abstract
岡山県下のタバコ移植期頃の圃場にいるネキリムシは,カブラヤガ,オオカブラヤガ及びタマナヤガの3種であつて,3種とも県下一帯にいる.県下の各環境の100地点より集められた総計3,759個のネキリムシ幼虫標本の71.0%はカブラヤガで,19.9%がオオカブラヤガ,9.1%がタマナヤガであつた.いずれの地にも見出され,個体数も多いのはカブラヤガであつて,これに少数のオオカブラヤガやタマナヤガが混じて見出だされると云う状態が普通であるが,県北の5月の備中葉地帯では,カブラヤガよりもオオカブラヤガの方が多く,いずれの地でもタマナヤガは少ない。
Keywords
ネキリムシ類
タバコ移植期圃場
防除
Published Date
1959
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Volume
volume14
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
7
End Page
18
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa