このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 113
Eprint ID
113
FullText URL
Title Alternative
Studies on the Thickening Growth of Melon Fruits. : I. On the Honey Dew and New Melon.
Author
Masuda, Tadao
Hayashi, Kiyoshi
Abstract
1)本実験はメロン及び甜瓜類の果実の発育特に果肉部における細胞分裂の状態を観察するために,ハネデュー,ニューメロンの2品種を用いて行つた. 2)ハネデューにおける反曲点は謝花後5日目位にあつて,反曲点以前の方向指数αは0.215にして細胞分裂が行われておることを示し,反曲点以後のαは1.0105で細胞分裂は認められ無い.反曲点における果径(横)は29.65mm,細胞の大きさは53.09μであつた. 3)ニューメロンにおいては,反曲点は謝花後3~4日目の間にあつて,反曲点以前の方向指数αは0.3043で細胞分裂が行われておることを示し,反曲点以後のαは0.8825で細胞分裂は行われていないものと推定出来る.反曲点における果径(横)は18.86mm,細胞の大きさは54.79μであつた. 4)ハネデューの果肉がニューメロンのそれと比較して遥かに厚いのは,ハネデューはニューメロンに比較して,果肉細胞数が多く,又細胞も大きいためである。
Keywords
メロン
甜瓜果実
ハネデュー種
ニューメロン種
Published Date
1959
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume14
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
71
End Page
79
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa