このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 114
Eprint ID
114
FullText URL
Title Alternative
Studies on the Induced Tetraploid and Triploid Clones of Mentha rotundifolia (L.) HUD.
Author
Ikeda, Nagamori
Shimizu, Sumio
Udo, Seiroku
Abstract
人為的に,M. rotundifoliaの3倍体と4倍体とを作つた.これらは,豆大性を示し,晩化し,通常の倍数体の特性を示したが,その程度は,著るしくなかつた.本種精油の特有成分である rotundifoloneも,若干の増加を見た.花粉稔性や結実率の減少は,4倍体では僅少であつた.3倍体では著しかつたが,日本ハッカの3倍体の場合のように,零となることはなかつた. PMCのMIに,現われる多価染色体の数は,日本ハッカの場合と同様,少なかつた.3倍体rotundifoliaのPMCのMIに,原種のハプロイド組12の染色体が,同質接合出来ないことを観察して,本種は,単一ゲノムから成る基本種であると結論した。
Published Date
1960
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Volume
volume15
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
1
End Page
9
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa