Title Alternative Bulletin of Archaeological Research Center Okayama University 2018
FullText URL 紀要2018.pdf
Author Minami, Kentaro| Iwasaki, Shiho| 那須 浩郞| Yamamoto, Etsuyo| Yamaguchi, Yuji| 富岡 直人| 米田 穣| 大久保 徹也| 藁科 哲男| Nozaki, Takahiro|
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2020-03-27
Volume volume2018
language 日本語
Copyright Holders Archaeological Research Center, Okayama University
File Version publisher
Pages v, 99 p.
Title Alternative The Consciousness and Actual Conditions of Discipline and Abuse: Based on a Survey of Parents of Preschoolers in Korea
FullText URL bgeou_172_023_034.pdf
Author Lee, Kyoung Won| 呉 貞玉| 篠原 久枝|
Abstract  本研究の目的は未就学児を持つ親におけるしつけと虐待に関する意識と実態を明らかにすることである。2018 年9月から10 月の間に韓国の昌原市にある保育所などの協力を得て,500 部の質問紙を配布,271 人から有効回答を得た。本稿では母親238 人を分析対象とした。分析の結果,母親は,子どものことをよく理解し,子育てに充実感を感じており,子どものしつけは親の責任だと考えていることを確認することができた。子どものしつけに関しては配偶者と話し合っており,家族以外にも相談できる人がいるなど,母親の子育て環境は決して孤立しているわけではないと思われる。母親の多くは,しつけのための体罰は肯定するものの,それが子どもの心や体に傷を与える場合は虐待になると考えていた。また,母親の多くは,しつけに対して不安と悩みを抱えており,本稿では,自分のしつけ行為が虐待にあたるのではないかと考え,しつけと虐待のはざまで悩む母親の様子を確認することができた。
Keywords しつけ 虐待 しつけと虐待のはざま 韓国
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2019-11-27
Volume volume172
Start Page 23
End Page 34
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
Title Alternative Bulletin of Archaeological Research Center Okayama University 2016
FullText URL barc_2016.pdf
Author Yamaguchi, Yuji| Yamamoto, Etsuyo| Suzuki, Shigeyuki| Iwasaki, Shiho| 白石 純| Minami, Kentaro| Nozaki, Takahiro| 佐藤 朗| 二宮 和彦|
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2018-03-28
Volume volume2016
language 日本語
File Version publisher
Pages 86
Title Alternative Examination of “Skills of Subject Contents Organization” in Practice of “Studies in the Subject Matter of Home Economics Education” in the Home economics Education Course, Faculty of Education Okayama University : Preliminary Research to Develop a Home Economics Curriculum, which Aims to Integrate Academic Subjects Education and Subject Content Education
FullText URL bgeou_167_061_077.pdf
Author Sato, Sono| Kawata, Tetsunori| Lee, Kyoung Won| Sekikawa, Hana| Shinohara, Yoko|
Abstract  岡山大学教育学部家政教育講座では,教科教育と教科内容の統合を目指す教員養成家庭科カリキュラムを構築し,平成22 年度から実践してきた。本報告では,平成26 年度から検討を開始した家庭科カリキュラムにおける「教科内容構成力」育成の取組と,平成27・28年度に実施した「中等家庭科内容論」の授業内容と「教科内容構成力」の育成について検討した。
Keywords 教員養成 コア・カリキュラム 教科教育 教科内容 家庭科
Publication Title Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published Date 2018-02-23
Volume volume167
Start Page 61
End Page 77
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006401584
Title Alternative Bulletin of Archaeological Research Center Okayama University 2014
FullText URL barc_2014.pdf
Author Yamaguchi, Yuuji| Iwasaki, Shiho| 宇野 隆夫| Hisano, Nobuyoshi| Yamamoto, Etsuyo|
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2016-03-03
Volume volume2014
language 日本語
Copyright Holders Archaeological Research Center, Okayama University
File Version publisher
Pages v, 86 p.
Author Lee, Kyoung Won| Adachi, Yuki|
Published Date 2015-07-28
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Volume volume159
Content Type Departmental Bulletin Paper
Title Alternative Bulletin of Archaelogical Research Center Okayama University 2013
FullText URL barc_2013.pdf
Author 野崎 貴博| 南 健太郎| 岩崎 志保| 吉田生物研究所| 甲元 眞之|
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2015-03-06
Volume volume2013
language 日本語
Copyright Holders Archaeological Research Center, Okayama University
File Version publisher
Pages v, 82 p.
Author Lee, Kyoung Won|
Published Date 2015-02-25
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Volume volume158
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 野崎 貴博| 岩崎 志保| 鈴木 茂之| 山本 悦世| 南 健太郎| 田中 克典| 加藤 鎌司|
Published Date 2013-12-27
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Volume volume2012
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 岩﨑 志保| 池田 晋| 野崎 貴博| 山本 悦世|
Published Date 2010-02-26
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Volume volume2008
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 野崎 貴博| 岩﨑 志保| 宇田津 徹朗| 山本 悦世| 光本 順|
Published Date 2008-03-21
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Volume volume2006
Content Type Departmental Bulletin Paper
Title Alternative Bulletin of Archaeological Research Center Okayama University 2017
FullText URL 紀要2017.pdf
Author Nozaki, Takahiro| Minami, Kentaro| Yamamoto, Etsuyo| Suzuki, Shigeyuki| Yamaguchi, Yuji| Iwasaki, Shiho| 古環境センター| 吉田生物研究所|
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2019-03-29
Volume volume2017
language 日本語
Copyright Holders Archaeological Research Center, Okayama University
File Version publisher
Pages v, 96 p.
Title Alternative Bulletin of Archaelogical Research Center Okayama University 2007
FullText URL 2007_001_016.pdf 2007_017_049.pdf 2007_050_062.pdf 2007_063_068.pdf 2007_069_069.pdf 2007_070_088.pdf
Author Nozaki, Takahiro| Mitsumoto, Jun| Iwasaki, Shiho| Yamamoto, Etsuyo| Ikeda, Susumu|
Abstract 第1章 津島岡大遺跡の調査研究    第2章 鹿田遺跡の調査研究    第3章 構内遺跡の調査研究    第4章 調査資料の整理・研究および公開・活用    第5章 2007年度における調査・研究のまとめ    付 編
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2008-12-18
Volume volume2007
Start Page 1
End Page 88
language 日本語
File Version publisher
Title Alternative A Post-Skinnerian Perspective in Psychology (26): Old Age as a Radical Behaviorist
FullText URL jfl_068_001_017.pdf
Author Hasegawa, Yoshinori|
Abstract  本稿は、行動分析学の視点から、高齢者のライフスタイルの構築と終末に関する有用な知見を提供することを目的とする。このテーマは、 (1)スキナーの幸福観の概要と高齢者への適用 (2)選択機会と高齢者の行動的QOL (3)複数の行動のまとまりから構成される「活動」概念に基づいて、より巨視的な観点から高齢者のライフスタイルの構築を考える (4)終末期における不安や恐怖への対処 という4つの観点から総合的に検討する必要があると考えるが、本稿では紙幅の制限により、(2)についてはすでに長谷川(2012, 2013)で論じているのでここでは省略し、また(1)と(4)は概略を述べるにとどめ、新しい概念を取り入れた(3)について重点的に取り上げていくことにしたい。
Publication Title Journal of the Faculty of Letters Okayama University
Published Date 2017-12-22
Volume volume68
Start Page 1
End Page 17
ISSN 0285-4864
Related Url http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/55220
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006370700
Title Alternative Post-Skinnerian Perspectives in Psychology (25) : The Concept of “Relational Responding”: An overview of the controversy
FullText URL jfl_067_001_019.pdf
Author Hasegawa, Yoshinori|
Abstract 本稿は、見本合わせ手続や刺激等価性クラスの研究で使用される「関係反応」概念に焦点を当て、定義の明確化と適切な使用について論じることを目的とする。なお、関係反応を基に構成・発展した関係フレーム理論(Hayes, Barnes-Holmes, & Roche, 2001)については、紙幅の制限により、ごく一部の議論について取り上げるだけにとどめる。本稿の論点は以下の通り。 《論点1》関係反応の定義を明確にする必要がある。 《論点2》関係反応の定義にあたっては独立した2つの刺激が前提となるが、環境事象の一部を1つの刺激として扱うか、複数の刺激に分けて扱うのか、という基準は一義的には定まらない。 《論点3》見本合わせ手続の分析においては、「選択型見本合わせ」と、「Yes/No型見本合わせ」)の課題構造が異なる点に留意する必要がある。 《論点4》)ある刺激に別の刺激を対応づける行動と、2つの刺激を比較してタクトする行動とは異なる点に留意する必要がある。 《論点5》関係フレーム理論は、刺激等価性の焼き直しではない。
Publication Title Journal of the Faculty of Letters Okayama University
Published Date 2017-07-03
Volume volume67
Start Page 1
End Page 19
ISSN 0285-4864
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006313600
FullText URL kokugo_031_(017)_(027).pdf
Author Ukida, Mayumi|
Publication Title 岡山大学国語研究
Published Date 2017-03-20
Volume volume31
Start Page (17)
End Page (27)
ISSN 2189-5414
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006223691
Author 南 健太郎| 岩崎 志保| 光本 順| 工藤 雄一郎| 山本 悦世| 野崎 貴博| 金田 善敬| 扇崎 由| 亀山 行雄|
Published Date 2013-02-28
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Volume volume2011
Content Type Departmental Bulletin Paper
Title Alternative Bulletin of Archaelogical Research Center Okayama University 2010
FullText URL barc_2010.pdf barc_2010_cover.pdf barc_2010_endpapers.pdf
Author 野﨑 貴博| 光本 順| 岩崎 志保| 山本 悦世| 古環境研究所| 能城 修一|
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Published Date 2012-03-16
Volume volume2010
language 日本語
Copyright Holders Archaeological Research Center, Okayama University
File Version publisher
Pages vi, 111 p.
Author 池田 晋| 岩崎 志保| 野崎 貴博| 光本 順| 工藤 雄一郎| 山本 悦世|
Published Date 2011-03-23
Publication Title 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
Volume volume2009
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/fest/48238
Title Alternative A Survey Study of University Students’ Awareness on Social Contribution and Regional Cooperation
FullText URL fest_017_007_021.pdf
Author Na, Myungjin| Araki, Masaru| Kurihara, Koji|
Abstract Recently, competition among universities has a whole new face, and emphasis is given toward interdependence and interactive evolution between universities and regions. From this social perspective, universities should contribute to regional development by serving the regional society using results of intellectual work, and it is necessary for universities to accomplish social contribution and regional cooperation strategically. One of the most important parts in strategic planning is that students participate in activities for social contribution and regional cooperation. This paper presents a survey of the university students’ awareness on social contribution and regional cooperation using several statistical methods and attempts to find factors which affect activities for social contribution and regional cooperation using logistic regression analysis.
Keywords University students’ awareness social contribution and regional cooperation volunteer activities exploratory factor analysis logistic regression analysis
Publication Title 岡山大学環境理工学部研究報告
Published Date 2012-03
Volume volume17
Issue issue1
Start Page 7
End Page 21
ISSN 2185-3347
language 日本語
File Version publisher
NAID 120004025483