JaLCDOI 10.18926/OER/15113
FullText URL 41_1_031_052.pdf
Author Matsuda, Yoichi| 郭 琳|
Publication Title 岡山大学経済学会雑誌
Published Date 2009-06-10
Volume volume41
Issue issue1
Start Page 31
End Page 52
ISSN 0386-3069
Related Url http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学経済学会
File Version publisher
NAID 120002307458
JaLCDOI 10.18926/OER/15112
Title Alternative Study on retirement program of Japanese Companies : Interview for employee's work contribution.
FullText URL 41_1_001_029.pdf
Author Wu, rina| Matsuda, Yoichi|
Abstract This paper examines to what degrees employees' work contribution to Japanese companies is currently reflected in their retirement program, by using interview as research method (July−Dec., 2008 ; on eight companies and two public offices). It also examines the content of the programs, such as social environment surrounding the system, company policies, and problems and solutions involved in the operation, as well as the transition of the system after Meiji era. Major findings include the followings. Firstly despite some changes occurred in the system as a result of diversification of employment types and styles and also alteration of company policies, the system itself will be maintained in the future. Secondly, although many companies modified conventional seniority−based salary systems for a retirement program that reflect employees' work contribution more clearly through an adoption of 'point system' and other measures, they still find some problems in new systems in their operation and practicality.
Publication Title 岡山大学経済学会雑誌
Published Date 2009-06-10
Volume volume41
Issue issue1
Start Page 1
End Page 29
ISSN 0386-3069
Related Url http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学経済学会
File Version publisher
NAID 120002307792
JaLCDOI 10.18926/OER/14103
Title Alternative Report on the Interview for Effects that Organizational changeof the Company introduces Emplyee’s Will and Behavior Change.
FullText URL 40_3_021_070.pdf
Author Matsuda, Yoichi|
Abstract 本稿の目的は,企業は組織変革行動として多様な施策を行うのであるが,それらが従業員の意識の変革,および行動の変革に対してどのような影響を与えているのかについて,明らかになったことを報告することである。
Publication Title 岡山大学経済学会雑誌
Published Date 2008-12-10
Volume volume40
Issue issue3
Start Page 21
End Page 70
ISSN 0386-3069
Related Url http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学経済学会
File Version publisher
NAID 120002308667
JaLCDOI 10.18926/OER/13285
Title Alternative Report on Company's Evaluation in Organizational Change : Interview for Japanese Company's CI (Corporate Identity) Activities
FullText URL 40_2_023_048.pdf
Author Matusda, Yoichi|
Abstract 目次 I.はじめに II.CI 活動の様相 III.インタビュー調査の概要 IV.インタビュー調査の結果の概要 V.議論
Publication Title 岡山大学経済学会雑誌
Published Date 2008-09-10
Volume volume40
Issue issue2
Start Page 23
End Page 48
ISSN 03863069
Related Url http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学経済学会
File Version publisher
NAID 120002310636
JaLCDOI 10.18926/OER/13157
Title Alternative Research on Emplyee’s Will and Behavior Change : Questionnaire Survey for Companies in Domesetic and Okayama Prefecture.
FullText URL 40_1_063_091.pdf
Author Matsuda, Yoichi|
Abstract 目次 I.全調査の目的等 II.全調査の概要 III.全調査の分析結果の要約 IV.全調査の分析結果の詳細 V.考察
Publication Title 岡山大学経済学会雑誌
Published Date 2008-06-10
Volume volume40
Issue issue1
Start Page 63
End Page 91
ISSN 03863069
Related Url http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学経済学会
File Version publisher
NAID 120002310257
JaLCDOI 10.18926/OER/12424
Title Alternative Research on Organizational Change : Comparison between 2006’s survey and 1986’s, 1996’s survey in the Japanese Corporate’s CI activities.
FullText URL 39_1_023_046.pdf
Author Matsuda, Yoichi|
Abstract 今日,バブル経済崩壊後の景気回復の兆しも見受けられ,企業は新しい経営スタイルを模索する必要性にせまられている。さらに,従来にもまして企業をとりまく環境は,急速的に変化し,企業には,それらに対して,従業員の意識や行動の変革を意図したいわゆる組織変革行動が常態的に要請されている。このような状況下,我々の研究関心は,企業の組織変革行動が,今日,どのような様相を呈しているのか,そして,それが今日までにどのように変化してきているのか,ということにある。以上の研究関心に基づき,我々は,2006年8月から8月末日にかけて質問票を使用したアンケート調査(以下,「06年調査」と略称する)を行った。この06年調査における具体的な課題は,日本企業が行ってきた組織変革行動の代表的な施策(体系)のひとつであるCI (Corporate Identity)活動を対象にして,第1に,今日の企業の組織変革行動の様相を明らかにすること,第2に,06年調査の結果と,1986年の調査,あるいは1996年の調査とを比較することにより,その活動がどのように変化してきているのかについて明らかにすることである。よって,本稿の目的は,この課題に基づき行った06年調査の調査結果(内容と比較)を報告することにある。ここで,1986年の調査とは,1986年に財団法人企業活力研究所が行った調査(以下,「86年調査」と略称する)である。また,1996年の調査とは,1996年に松田他が行った調査(以下,「96年調査」と略称する。詳細は,松田陽一『企業の組織変革行動』千倉書房,2000年を参照のこと)である。な お,06年調査の詳細については,松田(2006)を参照いただきたい。 また,上記の86・96・06年調査においては,①導入年次は異なるが,CI 活動を導入した日本国内の企業を調査対象としたこと,②質問票を使用するアンケート調査という調査方法であること,③質問票には共通している質問項目があること(96・06年調査はその一部について,経時変化をみるという観点から,86年調査と同様な質問項目を使用している),について同じである。よって,本稿における以下の調査結果では,上記の第2の課題を明らかにするために,共通している部分については「86年調査(全てではない)」,あるいは「96年調査」の調査結果をも同時に提示している。なお,それぞれの調査の概要は表1のとおりである。
Publication Title 岡山大学経済学会雑誌
Published Date 2007-06
Volume volume39
Issue issue1
Start Page 23
End Page 46
ISSN 03863069
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学経済学会
File Version publisher
NAID 120002304855
Author 張 彩虹| 松田 陽一|
Published Date 2006
Publication Title 北東アジア経済研究
Volume volume3
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/9611
Author 松田 陽一| 李 一飛|
Published Date 2004
Publication Title 北東アジア経済研究
Volume volume1
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/1739