このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 802
Eprint ID
802
FullText URL
Title Alternative
Absorption and Accumulation of Carotenoid and Retinoid Production in Rat
Author
Takagi, Shigeaki
Sato, Yoshiro
Kimura, Yoshinobu Kaken ID
Abstract
植物性食品に広く含まれるカロテノイドのうち,β-caroteneなどはプロビタミンA効果以外に抗ガン,抗酸化防止効果などが注目されているが,カロテノイドの消化・吸収機構及び体内分布に関する基礎的知見は少ない,カロテノイド非蓄積動物と呼ばれるラットについてβ-carotene単独投与及びホウレンソウカロテノイドとを投与し,それぞれにおける各カロテノイドの吸収挙動と吸収カロテノイド及び生成retinolの体内存在状態を調べた.β-caroteneは単独に投与すると約50%の吸収率となるが,xanthophyll共存下では数%にまで低下する.これはβ-caroteneの吸収をxanthophyllが妨害していることを示す.β-caroteneは肝臓にもっとも多く蓄積されneoxanthinがこれを次いでいる.もっとも多く吸収されたluteinは肝臓にはほとんど検出されず,血液中に少量存在していた.このような両カロテノイドの挙動はカロテノイド非蓄積動物に特徴的なものと考えられる.カロテノイドを含まない飼料を投与すると一時的にretinolの血中濃度は上昇し,肝濃度は低下するが,カロテノイドを投与すると恒常的血中retinol濃度に速やかに戻る.β-carotene及びホウレンソウカロテノイドを25日間投与したときのretinolの正味増加量はそれぞれ474μgと522μgであるが血中のretinolレベルはほとんど変化していない.このことは肝に充分量のretinol存在しておれば血中retinolレベルはほぼ一定に保たれる制御作用のあることを示している。
Published Date
1991
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume78
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
1
End Page
9
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa