このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54490
FullText URL
Title Alternative
Initial Findings from Women’s Personal Networks Survey in Canberra (Part Ⅲ)
Author
Nobe, Masao Graduate School of Education, Okayama University Kaken ID researchmap
Abstract
 筆者は2013年3月から5月にかけてキャンベラにおいて女性のパーソナル・ネットワークと集団加入に関する調査を実施した。本稿の目的は,調査票にあるそれぞれの質問への回答結果を提示し,考察を加えることである。集計結果を検討し,次の3点を明らかにした。①約半数の回答者はキャンベラで10 代をおくっていた。②回答者は民族的出自でイギリス系やオーストラリア系が多い。③回答者とその夫ないしパートナーは社会経済的地位が高い。 本稿は,既に掲載している「『キャンベラに居住する女性のパーソナル・ネットワーク調査』の基礎分析(その1)」(野邊 2015)と「同(その2)」(野邊 2016)に続くものである。本稿で扱っているQ35 ~ Q42 の回答結果の分析・検討については,前者を参照されたい。
Keywords
キャンベラ
女性
パーソナル・ネットワーク
集団加入
Published Date
2016-07-28
Publication Title
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Publication Title Alternative
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Volume
volume162
Publisher
岡山大学大学院教育学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Education, Okayama University
Start Page
99
End Page
102
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bgeou