JaLCDOI 10.18926/bgeou/53151
Title Alternative Between Academism and Administration: Recollection and Review of the Prior achievement on Hoshina Koichi’s Japanese Language Education
FullText URL bgeou_158_063_070.pdf
Author Ukida, Mayumi|
Abstract  本稿は,保科孝一に言及している論文をレビューすることによって,保科孝一の仕事であ る国語政策,及び国語政策に付随的に扱われてきた国語教育政策の持つ意味を明らかにし, 特に国語教育史研究上の課題を明らかにするものである。近年,保科孝一の仕事は社会言語 学や社会学の文脈で再検討されることはあったが,国語教育の分野では再検討されるという ことはなかった。保科孝一の国語教育は,国内においては「内なる辺境」である地方に標準 語を普及させ,国民を形成するものであった。そして,保科孝一の国語改革は植民地,「大 東亜共栄圏」などの「外なる辺境」の発見によって,国語を普及させるために国語自体を学 びやすく変化させるものであった。
Keywords 保科孝一 標準語 国語政策
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Published Date 2015-02-25
Volume volume158
Start Page 63
End Page 70
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120005553921
JaLCDOI 10.18926/bgeou/53150
Title Alternative Applying Teaching Method of Japan’s Reading Class in Korea
FullText URL bgeou_158_053_061.pdf
Author Ukida, Mayumi| Han, Jeongseon|
Abstract  韓国と日本の国語科の教育目標には共通して,国語を正確に使用・理解すること,国語に 対する正しい態度を育てることがあげられている。そして,教育内容にも多くの共通点があ る。従って,両国の授業方法の共有が可能であると判断し,日本の授業方法の中で,「単元 を貫く言語活動」をとりあげ,中でも資料を制作して読んだ本を友達に紹介することを単元 に位置付けた授業について考察した。次に,韓国の教科書で授業の目的は変更せず,日本の 授業方法を適用し,単元を新しく構成した。
Keywords 読むこと 授業方法 韓国 教員
Publication Title 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Published Date 2015-02-25
Volume volume158
Start Page 53
End Page 61
ISSN 1883-2423
language 日本語
File Version publisher
NAID 120005553920
FullText URL kokugo_031_(017)_(027).pdf
Author Ukida, Mayumi|
Publication Title 岡山大学国語研究
Published Date 2017-03-20
Volume volume31
Start Page (17)
End Page (27)
ISSN 2189-5414
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006223691