JaLCDOI 10.18926/1455
FullText URL 22_0025_0036.pdf
Author 安養寺 信俊|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2006-11
Volume volume22
Issue issue1
Start Page 25
End Page 36
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305909
JaLCDOI 10.18926/1175
FullText URL 13_T001_0016.pdf
Author 安養寺 信俊|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2002-03
Volume volume13
Issue issue1
Start Page 1
End Page 16
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305986
Author Anjouji, Nobutoshi|
Published Date 2007
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume5
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/10977
JaLCDOI 10.18926/11015
FullText URL 23_0017_0030.pdf
Author 町田 余理子|
Abstract 動産売買先取特権に基づく物上代位の目的債権が譲渡され、その債権譲渡に対抗要件が整えられた後であっても、動産売買先取特権者はその物上代位を行使できるのか。動産売買先取特権に基づく物上代位は、昭和50年代頃から、信用売買における売主の売買代金債権の回収の実務において頻繁に利用されるようになった。それを反映して、最一小判昭和59年2月2日(民集38巻3号431頁。以下、「昭和59年最判」という)、最二小判昭和60年7月19日(民集39巻5号1326頁。以下、「昭和60年最判」という)、最一小判昭和62年4月2日(判例時報1248号61頁)、最三小判平成5年3月30日(民集47巻4号3300頁)、および、最三小判平成17年2月22日(民集59巻2号314頁。以下、「平成17年最判という)、の5つの最高裁判例がある。
Keywords 動産売買先取特権 物上代位
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-03
Volume volume23
Issue issue1
Start Page 17
End Page 30
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002314007
JaLCDOI 10.18926/17874
Title Alternative Chattel Mortgages and Civil Law
FullText URL 028_143_158.pdf
Author Machida, Yoriko|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2009-11-27
Volume volume28
Start Page 143
End Page 158
ISSN 1881-1671
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002308939
Author 津守 貴之|
Published Date 2004
Publication Title 北東アジア経済研究
Volume volume1
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/1694
JaLCDOI 10.18926/1130
FullText URL 12_T059_T073.pdf
Author 大知 聖子|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 59
End Page 73
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306050
Author Yoshitani, Keiji|
Published Date 2003
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume1
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/1718
Author Imoto, Mari|
Published Date 2011-03-25
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume10
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/11013
Title Alternative Interrelation Between Acceptance of Fortunetelling Information and Belief
FullText URL 23_0001_0015.pdf
Author Fukuda, Mari|
Abstract 今や占い情報は、朝の情報番組やインターネットなどで容易に取得できる。多くの女性誌が占い情報を掲載し、インターネットでも占いサイトが充実している。占い師の出版する書籍がベストセラーになり、女性雑誌は占い特集号として刊行するとその売上が伸びる(種田、1998)。占いは産業として成り立ち、その市場規模は1兆円産業といわれる(「AERA 2003.11.3」)。1998年にNHK放送文化研究所が全国の16歳以上の男女を対象に実子した意識調査では、全対象者の23%が慣習的に占いをし、おみくじをひくと回答している。各年齢層の区分によれば、16~29歳の間で対象者の43%が占いを慣習的に実施しており、年齢を増すごとに減少傾向にある。石川(1989)では大学生の約77%が本や雑誌の占い記事を「よくみる」、「時々みる」と回答しており、田丸・今井(1989)でも、対象者となった高校生の約30%が占いを「よくする」、「時々する」と回答している。学生を対象にした両調査では、占いの必要性についても調査しており、大学生の約38%(石川、1989)、高校生の約46%(田丸・今井、1989)が占いは世の中や現代に必要であると回答していることが紹介されている。これらのことから、占い情報はなんらかの理由で人々に取得されており、さらに人々が占いを必要としていると考えられる。
Keywords 占い 受容 信用度
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-03
Volume volume23
Issue issue1
Start Page 1
End Page 15
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002313403
JaLCDOI 10.18926/13245
Title Alternative The Mongolian View of the Cosmos and the Spirit in the Early Modern Times
FullText URL 24_081_093.pdf
Author Bolor, A.|
Abstract 現代モンゴル人は、大抵が人は死ぬとまた生まれ変わることができるという輪廻転生の観念をもっている。この生まれ変わる段階で何に生まれ変わるか、あるいはどのような人物に生まれ変わるか、または六道輪廻から解脱するかはその人のガルマ (善悪の業困)によって決定されると信じられている。従ってその世界観が天界、地下界、 (地獄)中間界などに分かれるのである。 この明らかな仏教的思想をモンゴルの人々が本格的に受け入れ始めたのは、いまから430年ぐらい前のことである。この歴史も長そうではあるが、北方民族やモンゴル民族の歴史に比較すると、まだ浅いものだといえる。 では、こうした仏教的宇宙観や霊魂観を受け入れる前、あるいは仏教の流れが行き届かなかった辺境地のモンゴル人社会ではどのような世界観がみられるのかを考察する必要がある。チベット仏教がモンゴルに流入し始めたのは、西部では1570年代で、東部では1620年代のことである。「ハイシッヒ1998など」モンゴル帝国時代には、チベット仏教を始めとする多くの宗教がモンゴルを改宗しようと努力した様子はあったが、モンゴル本土 (原任地モンゴル高原)にはそれほど浸透しなかったのである。一時フビライ・ハーンがチベット仏教サキヤ派を信仰し、バクパ・ラマを国師にしてモンゴルの貴族たちを仏教化する時代はあったが、これもモンゴル帝国の崩壊によって、モンゴルへの影響が失われたといえる。中国から北の本土 (モンゴル高原)へと追放された人々は仏教を持ち帰ることができず、再びシャマニズムを信仰するようになった「エルデムト2001など」。そのため北元時代の人々もシャマニズムを信仰し、昔同様な世界観と霊魂観をもっていたと考えられる。 しかし現在では、モンゴル・シャマニズムの宇宙観や霊魂観に対する説明は非常に複雑な様子をみせている。仏教あるいは他の宗教の影響で古代モンゴル人の持っていた宇宙観や霊魂観が徐々に薄れて行き、仏教的宇宙観や霊魂観と混在した状態といえる。こうした中、一部のシャマンあるいは研究者でさえ、この混在した様子から抜け出せずにモンゴル・シャマニズムの宇宙観や霊魂観に対する 誤った説明を行っていると思われる。 それはつまりシャマニズムに地獄が作られたり、地下界があったり、あるいはシャマンの霊魂が生まれ変わるなどといった解釈である。しかしこれらは明らかに仏教寄りの世界観であって、シャマニズム本来の独自性を表すことができていないようである。 またたとえばモンゴル帝国時代のモンゴル軍の強さを分析した研究にしても、従来はほとんどがモンゴル人の騎馬民族的性格からの研究や軍の組織への研究または兵術や兵器の研究などによって説明が試みられる。しかし実際モンゴル人の宇宙観や霊魂観などの内心的なものがどのように影響していたかに対する研究は、世界またはモンゴルにおいても余り行われていないようである。では、以下いくつかの物語や研究などから当時のモンゴル人の宇宙観や霊魂観を考察してみよう。
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-11
Volume volume24
Issue issue1
Start Page 81
End Page 93
ISSN 18811671
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310361
JaLCDOI 10.18926/1422
FullText URL 20_0071_0087.pdf
Author 山﨑 孝盛|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2005-11
Volume volume20
Issue issue1
Start Page 71
End Page 87
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305915
Author Takahashi, Terukazu|
Published Date 2004
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume2
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/8953
JaLCDOI 10.18926/54216
Title Alternative The Japanese Army Armored Troops on the Battlefield of Taierzhuang(台児庄)
FullText URL scs_015_053_068.pdf
Author Jiang, Keshi|
Publication Title 文化共生学研究
Published Date 2016-03-25
Volume volume15
Start Page 53
End Page 68
ISSN 1880-9162
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2016 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120005749838
JaLCDOI 10.18926/1167
FullText URL 12_0221_0241.pdf
Author 傅 奕銘|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 221
End Page 241
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306055
Author 片桐 真澄|
Published Date 2003
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume1
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/1711
JaLCDOI 10.18926/1296
FullText URL 15_0029_0042.pdf
Author 尾崎 奈津|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2003-03
Volume volume15
Issue issue1
Start Page 29
End Page 42
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305913
JaLCDOI 10.18926/58156
Title Alternative Curse and Release : Fanshawe's Last Discourse and the Shackles of the English Language
FullText URL scs_019_025_053.pdf
Author Nakatani, Hitomi|
Publication Title Studies in Cultural Symbiotics
Published Date 2020-03-17
Volume volume19
Start Page 25
End Page 53
ISSN 1880-9162
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56520
Title Alternative Laugh for Laugh and Conversation with Inner Otherness : Reading Nathaniel Hawthorne's Three Short Stories and a Japanese Novel
FullText URL scs_018_027_051.pdf
Author Nakatani, Hitomi|
Publication Title Studies in Cultural Symbiotics
Published Date 2019-03-15
Volume volume18
Start Page 27
End Page 51
ISSN 1880-9162
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2019 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/13253
Title Alternative Punctuation in Towa Writing : Focusing on the Dictionary of Okajima Kanzan
FullText URL 24b_001_015.pdf
Author He, Xiaoli|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-11
Volume volume24
Issue issue1
Start Page 1
End Page 15
ISSN 18811671
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310239