このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14980
Eprint ID
14980
FullText URL
Author
金 錦萍
Abstract
区分所有建物の共用部分に関する明確な区分によって、区分所有権者は、建物の共有部分の使用と維持のみならず、共用部分に関する支出の分担と収益の分配にも直接にかかわる。共用部分は法律規定と管理規約に基づき、法定共用部分と約定共用部分に分けられ、さ らに共用部分を特定の区分所有権者の使用に指定することによって、法理と現実の需要に応えることになるが、残念ながら、中国の物権法はこのような役目を果たしておらず、今後の特別立法による問題解決が期待される。
Keywords
建物区分所有権
共用部分
専用使用権を設定した共用部分
Published Date
2007-03-31
Publication Title
文化共生学研究
Publication Title Alternative
Studies in Cultural Symbiotics
Volume
volume7
Issue
issue1
Publisher
岡山大学大学院文化科学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
Start Page
81
End Page
96
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Related Url
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/15021/
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
NAID
Eprints Journal Name
scs
JaLCDOI