このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 1303
JaLCDOI
FullText URL
Author
林 康人
Abstract
本稿では、文化の政治学の立場に立ち、ミシェル・ド・セルトーの日常的実践の観点を、1. 5月に対する思想表明である『パロールの奪取』のその後の展開として受け止め、2. ヘーゲル的な背景と相関させて照射する。
Publication Title
岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date
2003-03
Volume
volume15
Issue
issue1
Publisher
岡山大学大学院文化科学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
Start Page
89
End Page
116
NCID
AN10487849
Content Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
岡山大学
language
日本語
File Version
publisher
NAID
Eprints Journal Name
hss